四間飛車定跡講座まとめ!初心者のための基本手順と使い方を解説


香介
今回は将棋初心者にオススメの戦法の一つ「四間飛車」について解説していくよ!

歩美
なんだか難しそうですが、頑張ります!

振り飛車の戦法の一つである、四間飛車についての指し方や定跡をまとめました。ここにある指し方を理解すれば、序盤だけなら2級~初段で通用するのではないかと思います。

 

Sponsored link

四間飛車のおすすめの棋書、本は?

香介
おすすめの四間飛車の本といえば、藤井猛先生の「四間飛車を指しこなす本」と「四間飛車上達法」の2冊だね!

四間飛車を指しこなす本

四間飛車上達法

香介
ほかにも四間飛車の棋書については以下の記事で解説しているよ!

YouTubeの動画で学ぶ、四間飛車定跡

ゼロから始める将棋研究所のYouTubeチャンネルでは、動画で四間飛車の定跡を学べます。動画の内容は、ブログ記事とほとんど同じものとなっています。

香介
動画で気軽に勉強してもいいし、ブログ記事で読みたいところだけかいつまんでみるのもいいね!

歩美
まずは動画で学習して、ブログ記事で復習するのもおすすめです!

四間飛車の組み方、指し方を知ろう

飛車を4列目に動かすのが四間飛車

【図1-1 四間飛車の基本】

【図1-1 四間飛車の基本】

まずは四間飛車という戦法がどういうものなのか見ていきましょう。四間飛車とは図1-1のように、飛車を左から4列目のところに動かして戦う戦法です。この記事では、角道を止めるオーソドックスな四間飛車を解説しています。この形は「ノーマル四間飛車」とも呼ばれます。

四間飛車の基本を見る

歩美
4列目に飛車がいるから四間飛車なんですね!

囲いは美濃囲いに組もう

【図3-1 美濃囲い】

【図1-2 美濃囲い】

四間飛車では、基本的に右側で玉を囲うのがセオリーです。まずは美濃囲いの組み方を覚え、そこから高美濃囲い、銀冠と発展させていく手順を覚えましょう。

四間飛車で使う囲いを見る

香介
美濃囲いは四間飛車以外の振り飛車でも使える囲いだよ!

指し方の方針によって銀の位置を変える

【図1-3 四間飛車6七銀型】

【図1-3 四間飛車6七銀型】

四間飛車では、相手の戦法によって銀の位置を変え、戦いのスタイルを決めていきます。大きく分けると、7八銀型、6七銀型、6六銀型、5六銀型の4つがあります。

銀の位置による指し方の方針

 

対振り急戦で覚えることは?カウンターを狙え!

vs棒銀

【図2-1 四間飛車vs棒銀】

【図2-1 四間飛車vs棒銀】

級位者同士の対局では、相手の戦法に関わらず棒銀で攻めてくる相手が非常に多いです。まずは四間飛車で棒銀と戦う指し方を覚えるのが良いでしょう。

一直線に棒銀で攻めてきた場合

玉を囲ってから棒銀で攻めてきた場合

香介
まずは相手が囲わないで一直線に棒銀で攻めてきたときの指し手を覚えよう!
歩美
その次は相手も囲ってきたときの指し方ですね!

vs右四間飛車

【図2-2 四間飛車vs右四間飛車】

【図2-2 四間飛車vs右四間飛車】

右四間飛車は非常に攻撃力が高い戦法で、対策を知らないとあっさりつぶされてしまいます。四間飛車を指すなら対策は必須でしょう

右四間飛車対策へ

歩美
お互いに飛車が向き合って嫌な感じですねえ。

vs鳥刺し(嬉野流)

【図2-3 鳥刺し(嬉野流)対策】

【図2-3 鳥刺し(嬉野流)対策】

角を引いて攻めに使う「嬉野流」という指し方は、慣れていないと対策が難しいです。ここから相手は鳥刺しという陣形で攻めてくるのが一般的です。この場合、四間飛車ではなく三間飛車に振って戦うのが良いでしょう。

鳥刺し対策へ

香介
四間飛車の出だしでも、相手の戦法によって飛車を振る位置をうまく使い分けていこう!

Sponsored link

ノーマル四間飛車で対振り持久戦

vs矢倉戦法

【図3-1 四間飛車vs矢倉囲い】

【図3-1 四間飛車vs矢倉囲い】

矢倉囲いは、一般的には振り飛車相手には不利と言われています。しかし級位者同士の対局では、矢倉しか組めないという人も多いためこの形になることは案外多いです。そして矢倉特有の引き角からの攻めは受け方を知っておくとよいでしょう。

矢倉戦法対策へ

香介
プロじゃああまり見ない形だけど、アマチュアなら知っておきたい変化だね!

vs居飛車穴熊

【図3-2 四間飛車vs居飛車穴熊】

【図3-2 四間飛車vs居飛車穴熊】

居飛車穴熊は四間飛車の天敵と言われています。対策を知らずに駒組みを進めると、上図のように銀冠と穴熊の戦いになってしまいがちですが、ここから攻め手を作るのは結構大変なのです。

居飛車穴熊対策へ

歩美
居飛車側の玉はすごく堅そうですね!
香介
相手にそもそも穴熊に組ませない指し方を知ろう!

 

四間飛車を極めよう!初段を目指す応用編

角交換四間飛車

【図4-1 角交換四間飛車】

【図4-1 角交換四間飛車】

自ら角交換を挑む、角交換四間飛車という戦法もあります。従来の角交換しない形の四間飛車はこれと区別してノーマル四間飛車と呼ばれています。普通の四間飛車に慣れてきたら、角交換四間飛車にもチャレンジしてみましょう。

角交換四間飛車を学ぶ

香介
角交換四間飛車に対して、角交換をしない通常の四間飛車は「ノーマル四間飛車」と呼ぶよ!

立石流四間飛車

【図4-2 立石流四間飛車】

【図4-2 立石流四間飛車】

立石流四間飛車は、自ら角交換を挑んでいく珍しい四間飛車です。角交換後、石田流に組み替えることで攻撃的に動けるのが特長です。角交換四間飛車とは異なり、途中まではノーマル四間飛車のような駒組みで進行していくのも特長です。

立石流四間飛車を学ぶ

歩美
こんな変わった四間飛車もあるんですね!
香介
アマチュアの強豪、立石勝己さんが作った戦法なんだ!

少し難しい!?藤井システムにも挑戦!

藤井システムの基本の駒組み

【図5-1 藤井システムの基本形】

【図5-1 藤井システムの基本形】

藤井システムは、ノーマル四間飛車の一種になりますが、囲いを作らずに居玉のまま駒組みを進めるのが特徴です。まずは藤井システムの基本的な駒組みと狙いを見ていきましょう

藤井システムの駒組み

歩美
なんだか難しそうなイメージがありますが、私にも指せるでしょうか??

藤井システムvs居飛車穴熊

【図3-1 藤井システムvs居飛車穴熊】

【図5-2 藤井システムvs居飛車穴熊】

藤井システムと言えば、居飛車穴熊と戦う形が一番有名なのではないでしょうか?藤井システムの狙いの攻め筋がたくさんあるので、まずは居飛車穴熊との戦い方を学んでいきましょう。

藤井システムvs居飛車穴熊

香介
藤井システムと言えば、居飛車穴熊を崩す手順が有名だね!

藤井システムvs天守閣美濃

【図3-2 藤井システムvs左美濃】

【図5-3 藤井システムvs左美濃】

藤井システムは、左美濃(天守閣美濃)に対しても強く戦うことができます。居飛車穴熊に対する攻め筋とは少し違った狙いがあるため、手順をよく知っておきましょう。

藤井システムvs天守閣美濃

歩美
相手も堅そうですが…どうやって左美濃をクスしていくんでしょう?

藤井システムvs居飛車急戦

【図3-3 藤井システムvs居飛車急戦】

【図5-4 藤井システムvs居飛車急戦】

藤井システムは、穴熊や左美濃のような持久戦に対して速攻を仕掛けるのが狙いです。そのため相手は藤井システムの駒組みをみて九千二構えてくる場合も多いです。急戦との戦いでも、正しく指さば互角に戦っていけます。

藤井システムvs居飛車急戦

香介
急戦に対しては、1手でも遅れると相手の攻めを受けきれなくなるから注意しよう!

 

まとめ

香介
四間飛車の定跡をまとめてきたね!もちろんこれで全部ではないんだけど、初段になるための最低限の定跡を集めたつもりだよ!

歩美
一つずつ頑張って覚えていきます!

 

Sponsored link

四間飛車カテゴリの記事一覧