四間飛車

四間飛車、駒組みのパターン

投稿日: 12/02/2018 更新日:

歩美
四間飛車の最初の駒組みはマスターしました!でも駒組みが終わった後何を指せばいいのかわかりません!
香介
駒組みを覚えたら、ここからはいよいよ相手の戦法別に定跡を見ていくことになるんだ!でもその前に、四間飛車の指し手の基本方針をざっくり学んでいこう!

今回は、四間飛車を指すうえでの基本的な狙いをざっくりと学習していきます。いきなり複雑な定跡を覚えようとしても断片的な知識しか得られず、なかなか棋力が向上しないことがあります。まずはその戦法の大まかな狙いと特徴を押さえたうえで、細かい変化を学習していくのが効率的でしょう。

今までの記事はこちら

四間飛車の定跡まとめへ戻る

Sponsored link

四間飛車は攻めが弱いのが欠点、飛車交換からの攻撃を狙う

香介
まず知っておいてほしいのは、四間飛車は守りの戦法ということなんだ!
歩美
えー!そうなんですか!?わざわざ飛車を動かしてから戦うってちょっと攻撃的なイメージがありました!

振り飛車は、守りが強いのが特徴

四間飛車に限らず、振り飛車は基本的に守りの戦法と言われています。まずはその理由について簡単に説明していきます。例えば、居飛車と振り飛車の駒組みの一例を見てみましょう。

【図1-1 居飛車の例、居角左美濃】

【図1-1 居飛車の例、居角左美濃】

【図1-2 振り飛車の例、向かい飛車】

【図1-2 振り飛車の例、向かい飛車】

この図は前の記事でも掲載しましたが、居飛車の例としては「居角左美濃」という戦型で、振り飛車の例としては「向かい飛車」という戦型を載せています。これらの駒組みはちょうど左右反転したような形になっていてわかりやすいで、居飛車と振り飛車の違いを説明する例として挙げました。これらの細かい駒組みは今回覚える必要はありませんよ。

どちらも飛車と反対側に玉を動かしているのがわかりますか?将棋では、飛車の逆側に囲いを作るのがセオリーです。

歩美
飛車の位置も左右反転してるし、囲いの形も左右が逆なだけで全く同じですね!
香介
そうだね!でも本当に左右が完全に反転していたら居飛車も振り飛車も違いはないはずなんだ。居飛車と振り飛車で一番異なる部分はどこかわかるかな!?
歩美
えーとどこでしょう…??あっ!角の位置は反転してないですね!居飛車も振り飛車も角は左側にあります!

居飛車と振り飛車の一番の違いは、角の位置が玉側にあるか飛車側にあるかです。居飛車では角が玉側にありますが、振り飛車では角は飛車側にあります。ここで、駒組みをしたときの飛車がある方を攻めエリア、玉(=囲い)がある方を守りエリアとして、図1-1と図1-2を改めてみてみましょう。

【図1-3 居飛車の攻めエリアと守りエリア】

【図1-3 居飛車の攻めエリア守りエリア】

【図1-4 振り飛車の攻めエリアと守りエリア】

【図1-4 振り飛車の攻めエリア守りエリア】

居飛車では角が守りエリアにいて、玉が囲いの奥深くに入るのを邪魔しています。その代わり、飛車と角が同じ地点を狙っているため攻撃的な構えです。一方の振り飛車では角が攻めエリアにいて、玉の囲いがしっかりしています。その代わり、飛車と角が反対の方向を向いているため、攻めがパッとしない印象です。

歩美
確かに!居飛車も振り飛車も同じ形の囲いをしているのに、居飛車の囲いは何だか危なっかしいですね!
香介
玉の近くに角がいると深く囲えないし、▲7六歩と角道を開けている手が、玉の守りをさらに薄めてしまっているんだ!

 

四間飛車の狙いは飛車交換の捌き!飛車を持ち合えば堅さが活きる!

では、改めて四間飛車の駒組みを見てみましょう。

【図1-5 四間飛車の駒組み】

【図1-5 四間飛車の駒組み】

四間飛車も、振り飛車の基本的な例と同じように、角が攻めのエリアにいて、玉の囲いはしっかりしています。

香介
つまり、四間飛車は守りが堅い代わりに、攻めが薄いということになるね!
歩美
なるほど!じゃあ四間飛車はどうやって攻めていけばいいんですか?守りが堅いと言っても攻めないと勝てないですよね!??
香介
その通りだ!守ってばっかりで相手の攻めが決まってしまうのは四間飛車のよくある負けパターンだね。

四間飛車の基本的な指し方の方針は、相手の攻めを待つことです。相手が攻めてきたところでうまく飛車交換に持ち込むのが基本の狙いです。お互いに飛車を取り合って持駒とすれば、次に敵陣に飛車を打ち込んで攻め合うことになります。同じ条件で攻め合えば、守りが堅い四間飛車が優勢になるのです。こういったお互いの攻め駒をうまく交換に持ち込んで、相殺するような指し方を「捌き(さばき)」といいます。四間飛車は攻め駒を捌いて攻め合いに持ち込み、守りの堅さで勝つ戦法なのです。

歩美
ひえ~!なんだか難しそうですね!でもたしかに同じ駒を持って同じ条件で攻めれるようになれば美濃囲いの堅さが活きそうです!
香介
とにかく飛車交換に持ち込むのが四間飛車の方針だ!相手の攻めをうまく受け流して行く感じは合気道とか柔道で相手の力を利用して投げるようなイメージかもね!

POINT

  • 四間飛車は守りの戦法
  • 居飛車と同じ条件で攻め合えば硬さで有利になる
  • 相手が攻めてくるのを待つ
  • 飛車交換に持ち込むのが基本方針
香介
ちなみにここまでの話は、こちらが四間飛車で相手が居飛車の場合に限るよ!お互いに振り飛車に構えたときはまた話が変わるんだけど、今回はとりあえず置いておこう。

 

Sponsored link

銀の位置で、中盤の戦い方や攻撃の方針を決める

香介
ではここから四間飛車の基本方針を具体的に見ていこう!
歩美
待ってました!だいぶ前置きが長かったですもんね!

7八銀型は初心者向け!いきなり飛車角を同時に動かす

香介
まずは方針がわかりやすく、初心者向けの7八銀型だ!
【図2-1 四間飛車7八銀型】

【図2-1 四間飛車7八銀型】

歩美
これは今までに覚えた基本形と同じですね!

四間飛車の基本形のまま戦うのが「7八銀型」です。この形の狙いは、タイミングよく▲6五歩と突いて、飛車先を伸ばしながら角道を開けていくのが狙いです。ここから6筋の飛車先突破と、角交換での捌きを同時に狙っていきます。

香介
▲6五歩と突くのは、大駒2枚を同時に稼働させる四間飛車の必殺技みたいな手だ!初心者にも狙いがわかりやすいから最初に覚えるのにオススメだよ。
歩美
これはわかりやすいですね~。

 

基本の6七銀型、飛車を振りなおして戦う

香介
次は四間飛車の一番基本となる形の6七銀型だ!
【図2-2 四間飛車6七銀型】

【図2-2 四間飛車6七銀型】

歩美
なんだか飛車が動きづらそうな構えですねえ。

銀を6七に構える「6七銀型」は、四間飛車の一番基本の形です。ここからの狙いは、飛車を振りなおして相手の飛車にぶつけることです。飛車をぶつけて飛車交換に持ち込めば、美濃囲いの堅さが活きてきます。

歩美
飛車を振りなおすんですか!?たしかに相手の飛車と正面衝突する形にすれば、うまく捌けそうですね~。
香介
これが四間飛車の一番基本的な方針になるよ!7八銀型でコツをつかんだらこっちをぜひマスターしてほしいね。

 

攻撃的な6六銀型、棒銀風に攻めるのが特徴

香介
ここからは四間飛車側から攻めていくちょっと特殊な型を見ていこう!まずは6六銀型だ!
【図2-3 四間飛車6六銀型】

【図2-3 四間飛車6六銀型】

歩美
銀が前に出てて攻撃的な感じがします!

銀を前に出す「6六銀型」は、居飛車側が攻めてこないで守りを固めてきたときに使う形です。このまま棒銀のように銀を繰り出して攻めていけるのが特長です。また高美濃囲いに組んでいるときは、中飛車に振りなおす手も有力です。5五の地点に飛車、角、銀が効いており非常に攻撃的な構えです。

【図2-4 中飛車に振りなおすと攻撃的】

【図2-4 中飛車に振りなおすと攻撃的】

歩美
四間飛車は攻撃の手段もちゃんとあるんですね~。
香介
これは居飛車の相手が守りをがっちり固めてきたときに使う形だ!

 

腰掛け銀の5六銀型、右側を攻めていく!

香介
最後に紹介するのは、ちょっと変わった形だ!
【図2-5 四間飛車5六銀型】

【図2-5 四間飛車5六銀型】

歩美
えー、別に普通な感じに見えますけど…。

最後に紹介するのは「5六銀型」です。この形は銀を4五に進めていき、右側から攻めていくようなときに使います。例えば高美濃囲いまで組んだ時に、右側の桂馬を活用していったときを考えてみましょう。

【図2-6 右側を攻める形】

【図2-6 右側を攻める形】

図2-6の形では、角、銀、桂が右側を狙っています。相手が居飛車の場合、こちらからみて右側に玉の囲いがあることが多いので、相手玉を直接攻める厳しい手になります。

歩美
なるほど~たしかに飛車を使わないこの攻めはちょっと特殊ですね!
香介
もちろん普通に5六銀型に組むこともあるから、局面を見て臨機応変に考えよう!

四間飛車の基本の形はここまでとなります。次回はいよいよ実戦を模擬した形式で、四間飛車でどのように指していくのか見ていきます。初心者に人気の速攻棒銀との戦いを見ていきましょう。

 

まとめ

香介
今回は四間飛車の基本の指し方を見てきたよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 四間飛車は守りの戦法
  • 飛車交換を狙うのが基本方針
  • 銀のポジションによって4つの狙いがある
歩美
ざっくりと四間飛車の指し方がわかったような気がします!次回はいよいよ四間飛車vs棒銀ですね!

四間飛車の定跡まとめへ戻る


Sponsored link

-四間飛車
-, , ,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です