四間飛車

四間飛車vs矢倉戦法

投稿日: 11/04/2018 更新日:

矢倉は将棋の純文学」という言葉があります。矢倉囲いにしっかり囲ってから攻める将棋は、最もオーソドックスで歴史の長い指し方です。また矢倉は初心者にも人気の戦法で、相手がどんな駒組みをしてきてもとりあえず矢倉に囲って棒銀!なんて攻め方をする人も多くいます。

歩美
オンライン将棋でもとにかく矢倉囲いって人は大勢いますよね~。それだけに対矢倉はしっかり対策を立てておきたいです!
香介
今回は四間飛車vs矢倉囲いを解説していくよ。本来対振り飛車で矢倉に囲うのはセオリーじゃないんだけど、アマチュアの将棋ではよく見られる戦型なんだ。

今回は四間飛車での矢倉対策を解説していきます。振り飛車での矢倉の崩し方だけでなく、矢倉引き角からの攻めをどのように受ければよいのか見ていきましょう。

四間飛車の定跡まとめへ戻る

Sponsored link

参考棋書:「四間飛車を指しこなす本1」

香介
今回は河出書房新社の「四間飛車を指しこなす本1」を参考にしたよ。初心者から有段者まで使える定跡所で、四間飛車党なら絶対に持っておきたい1冊だ!
歩美
それではここから私たちと一緒に矢倉対策を学んでいきましょう!

 

矢倉は横からの攻めが弱点?対振りとの相性は?

矢倉囲いは図1-1のような囲いです。上部に盛り上がった形をしており、上からの攻めをがっちり受け止められる構えです。一方で、横からの攻めに対してはあまり強くないのが特徴です。

【図1-1 矢倉囲い】

【図1-1 矢倉囲い】

香介
特に3二の地点に注目してほしいんだけど、ここには玉しか効いている駒がないんだ。3二の金を目標に狙われるとあっさり崩れてしまうよ。

 

相居飛車の戦いでは、お互いに上から攻めていく将棋になりやすいので、矢倉囲いは堅い構えになります。しかし対抗形の将棋では、飛車を敵陣に打ち込んで横から攻める将棋になりやすいため、矢倉囲いは相性が悪いと言えます。

【図1-2 美濃囲い】

【図1-2 美濃囲い】

歩美
逆に振り飛車が良く使う美濃囲いは横からの攻めに強い形をしてるんですね!でもなんだかんだこちらが振り飛車で相手に矢倉に組まれると勝てないことが多いんです…。
香介
矢倉の嫌なところは角を3一に引いて使ってくるところなんだ。受け方を知らない初心者~級位者だとこの引き角にあっさりつぶされてしまうよ。

 

四間飛車vs矢倉の基本形

図2-1は、初手から先手は四間飛車に、後手は矢倉囲いを目指した時の一例です。先手はすでに美濃囲いが完成しており、4筋と3筋の歩も突いています。一方で矢倉囲いはまだまだ完成していません。

【図2-1 四間飛車vs矢倉囲いの基本図】

【図2-1 四間飛車vs矢倉囲いの基本図】

歩美
矢倉は手数のかかる囲いなんですね!美濃と比べるとその差は歴然です!

ここまでの四間飛車側の駒組みのポイントは、

  • ▲6七銀と上がっておく
  • 5筋の歩を突かない

の2点となります。

香介
この後飛車を8筋に回る変化が出てくるから、銀は7八に待機させておかないで早目に上げておこう。またこの後銀は5六に上げることになるから5筋の歩も突かないでおくのがポイントだ。

 

Sponsored link

引き角の攻めを受けきろう!

香介
まずは居飛車側の仕掛けを見ていこう!後手は引き角の駒組みを活かしていきなり攻めてくる筋があるんだ。

 

△8六角の攻め筋

図2-1から △8六歩、▲同歩、△同角 として図3-1。

【図3-1 引き角を活かした攻め】

【図3-1 引き角を活かした攻め】

後手は角を引いている形を活かして、いきなり8六角と飛び出してきました。なんとも嫌な攻めですが、どう受けるのが良いでしょう?

歩美
この攻め何度も食らったことがあります…。嫌な攻め筋ですよね~。

 

飛車を8筋に回って引き角を受ける!

図3-1から ▲8八飛 として図3-2。

【図3-2 飛車を8筋に回る】

【図3-2 飛車を8筋に回る】

△8六角には▲8八飛と回るのが手筋です。次に後手が何もしなければ先手は▲8六角と角をタダで取れてしまうため、後手は何らかの対処が求められます。

歩美
ここで▲8八飛と回れるように、あらかじめ▲6七銀と上がっているんですね!

 

図3-2から △7七角成、▲8二飛成 として図3-3。

【図3-3 お互いに大駒を取り合えば振り飛車良し】

【図3-3 お互いに大駒を取り合う】

図3-1から後手は△7七角成としてきましたが、これは▲8八飛成と攻め合って先手良しです。後手の囲いは不完全な一方で、先手の美濃囲いはがっちり組まれており簡単には崩せません。

 

角道を開けて活用していく

香介
図3-2にもどって別の変化を見ていくよ。

図3-2 から △8五歩、▲6五歩 として図3-4。

【図3-4 角道を開ける】

【図3-4 角道を開ける】

図3-2から後手が△8五歩と打つ変化を見て行きます。この手にはどんな狙いがあるのでしょうか?先手はここで角道を開けるのがセオリーで、気を見て▲6六角として攻めに活用していきたいところです。

 

8筋を逆襲していく手順

図3-4から △7七角成、▲同桂、△8六歩、▲8五歩 として図3-5。

【図3-5 8筋からの逆襲を狙う】

【図3-5 8筋からの逆襲を狙う】

図3-4から角交換を迫るのは悪手になります。一見後手の△8六歩でこちらの飛車が抑え込まれそうですが、▲8五歩と打って8筋の逆襲を狙っていけば先手良しとなります。

歩美
8五には桂馬が効いているから後手は△8五飛とできないんですね!
香介
先手は次に▲8六飛としてから、8筋の歩をじわじわ伸ばしていけば優勢だ!

 

▲6六角と出て相手の飛車を抑え込む

香介
図3-4から角交換すると後手が悪くなったね。今度は別の変化を見ていくよ。

図3-4 から △5三角、▲6六角 として図3-6。

【図3-6 ▲6六角と出るのがセオリー】

【図3-6 ▲6六角と出るのがセオリー】

今度は後手は△5三角と引き返しました。これは次に△8六歩としてくるのを狙っていますが、ここで▲6六角と出るのが良い手になります。

歩美
この▲6六角のために角道をあけていたんですね!!でもここからどうやって△8六歩を受けるんでしょうか…??

 

図3-6から △8六歩、▲8四歩 として図3-7。

【図3-7 角の効きを活かして飛車を抑え込む】

【図3-7 角の効きを活かして飛車止める】

▲8四歩と打ってしまえば後手の飛車は前に出ることができなくなってしまいました。

歩美
なるほど~!お互いに角を使って相手の飛車を封じ込めてる状態ですね!

 

銀を立て直して8筋を攻めていく

図3-7から △7四歩、▲7八銀、△7三桂、▲7七銀 として図3-8。

【図3-8 銀をジグザグに立て直す】

【図3-8 銀をジグザグに立て直す】

図3-7からは銀をジグザグに動かして、8六の歩を狙っていきます。後手は次に▲8六銀とされるのを受けることができず、先手のペースになってきました。

香介
引き角からの攻めを受けるポイントは、相手の飛車の動きを封じ込めていかに8筋を逆襲するかにあるんだ!

 

四間飛車の反撃、弱点は4筋!

香介
ここからは図2-1まで戻って、今度は四間飛車からどのように攻めていくのか見ていくよ。
歩美
待ってました!いよいよ反撃の開始です!

 

後手は矢倉を、先手は美濃を完成させる

図2-1 から △4二角、▲4六金、△4三金、▲3七桂、△7四歩、▲6五歩、△7三銀、▲5六銀、△3一玉、▲2六歩、△2二玉 として図4-1。

【図4-1 後手は矢倉が完成】

【図4-1 後手は矢倉が完成】

後手は矢倉囲いを、先手は高美濃囲いを完成させます。ここまでの駒組みのポイントは、

  • ▲6五歩とついて角道を開ける
  • ▲5六銀と上がっておく
  • ▲2六歩と2筋の歩を突く

となります。

歩美
うわ!!一気に進みましたね…。こんなに長い手順が追えないです…。
香介
細かい手順はあまり気にしなくていいよ。とにかく四間飛車から矢倉を崩すときには、上の3つのポイント「角道を開ける」「銀を5六に上げる」「2筋の歩を突く」を抑えておくということだけ覚えておけば大丈夫。

 

桂跳ねから矢倉崩しのスタート

図4-1から ▲2五桂、△2四銀 として図4-2。

【図4-2 桂跳ねから攻めの始まり】

【図4-2 桂跳ねから攻めの始まり】

先手の▲2五桂に対して△2四銀と逃げます。このとき2筋の歩を突いていた効果で桂馬が守られているのがポイントです。

香介
いよいよ先手の攻撃開始!まずは桂跳ねからスタートだ!

 

4筋を徹底的に攻める

図4-2から ▲4五歩 として図4-3。

【図4-3 急所の歩突き】

【図4-3 急所の歩突き】

図4-2から▲4五歩と突きます。後手はこの歩を△同歩と取りたいところですが、玉が角のラインに入っているため取れないのです。

歩美
あっ!!こんなに遠くから角が相手玉を睨んでいます!後手は歩を取りたいけど取ったら角で玉が取られちゃうんですね!

 

図4-3から △5三角、▲4八飛、△1二玉、▲3七金 として図4-4。

【図4-4 4筋からの集中砲火!!】

【図4-4 4筋からの集中砲火!!】

図4-3から次に▲4四歩と取られると金にあたるため、後手は△5三角として4四の地点に駒を足します。ここで先手は飛車を4筋に回って力をためます。後手玉が△1二玉と角筋から逃げても、もう4筋の集中砲火を止められません。5六の銀も攻めに働いています。

歩美
一気に矢倉が崩壊です!この手筋は覚えておきたいですね!!
香介
ちなみにこの手筋は後手が参考図のような左美濃に組んでいるときも使えるよ。
【参考図 左美濃にも有効な攻め】

【参考図 左美濃にも有効な攻め】

 

まとめ

香介
今回は四間飛車vs矢倉囲いの戦いを見てきたね。まずは引き角で攻めてこられた時のポイントをまとめるよ。
  • 飛車を8筋に回って受ける
  • 角を6六に上げて、相手の飛車を歩で封じ込める
  • 8筋の逆襲を狙う
歩美
引き角の攻めも正しく受ければ怖くないんですね!
香介
さらに矢倉崩しのポイントをまとめよう!
  • 角道を開けておく
  • 2筋の歩を突いておく
  • ▲2五桂跳ねから角のラインを使って攻める
  • 飛車を4筋に回って集中砲火
歩美
こんな攻めが実戦で決まったら気持ちいいですね~!

 

今回は四間飛車vs矢倉囲いを題材に、引き角からの攻めの受け方や矢倉の崩し方を学びました。実際には引き角の攻めは、今回紹介した以外にもバリエーションがありすべてを受けきるのはなかなか難しいです。さらに様々な筋を知りたい方は、藤井猛先生が書かれた「四間飛車を指しこなす本」シリーズを読まれることをおすすめします。四間飛車vs居飛車の基本的な指し方が網羅されており、初心者~有段者まで読める内容となっています。

四間飛車の定跡まとめへ戻る


Sponsored link

-四間飛車
-, , ,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【図3-2 飛車を8筋に回る】

【図3-2 飛車を8筋に回る】

【図3-4 角道を開ける】

【図3-4 角道を開ける】

【図2-1 四間飛車vs矢倉囲いの基本図】

【図2-1 四間飛車vs矢倉囲いの基本図】