手筋

棒銀戦法の基本

投稿日: 12/15/2018 更新日:

歩美
最近私も将棋の面白さが分かってきました!でも初心者同士で対局してるとお互いに攻めあぐねることが多いです!相手のミスを待つみたいな勝負になっちゃいます!
香介
確かに、将棋の攻め方は手筋をしらないとうまくさせないことが多いね!今回は初心者がまず覚えるべき「棒銀」の攻め方を解説しよう!

棒銀は初心者でもわかりやすいだけでなく、応用の効きやすくプロでも指される攻め筋です。将棋の攻めの基本が詰まった攻め筋です。将棋を覚えたばかりという方は、まずは棒銀の攻めを学ぶことで、勝率が大きくアップするはずですよ!

Sponsored link

参考棋書:最強棒銀戦法

香介
今回の記事は創元社の「最強棒銀戦法」を参考にしたよ

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

歩美
それでは棒銀の攻め方を教えてください!

YouTubeの動画で棒銀を学ぶ

香介
今回の記事は動画でも解説しているよ!

歩美
サイトで学んだ内容を動画で復習すればバッチリですね!

チャンネル登録はこちら

 

原始棒銀の基本形

【図1-1 原始棒銀の基本】

【図1-1 原始棒銀の基本】

図1-1は、棒銀の中でも最も基本的な「原始棒銀」の基本図です。飛車、銀、歩の3枚の駒が縦に並んでいるのが特徴で、これら3つの駒をうまく連携させて攻めていきます。基本的には、この形から飛車をうまく前に進めて龍を作るのを狙います。

香介
棒銀にもいろいろ種類があるんだけど、今回は原始棒銀という一番基本の棒銀を見ていこう!狙いは単純で、銀を繰り出していって2筋の道を開け、飛車を龍に成らせることなんだ!
歩美
飛車、銀、歩の3枚で攻めていくんですね!

わかりやすい棒銀の攻め方

テーマ図

【図2-1 後手は3二の金で2筋を守る】

【図2-1 後手は3二の金で2筋を守る】

今回は棒銀の一番基本の成功例を見ていきます。図2-1では、後手は3二の金で2筋からの攻めを守ろうとしています。単純に飛車1枚で攻めようとすると失敗してしまう形ですが、銀との組み合わせで攻めていく様子を見ていきましょう。

歩美
後手の形は実戦でもよく見ます!金を上がるだけでしっかり守られちゃうんです。
香介
今回はわかりやすく将棋盤の一部の駒だけ見ていくよ!

 

Sponsored link

端から銀を使っていくパターン

香介
まずは一番基本の端から銀を使っていくパターンを見ていこう!

銀は端から使う

図2-1からの指し手
▲1五銀(図2-2)

【図2-2 銀は端から使うのが基本】

【図2-2 銀は端から使うのが基本】

図2-1からは、▲1五銀として端から銀を使っていくのが基本です。次に後手から△1四歩と突かれたら銀を攻められて意味がないようにも見えますが、ここから棒銀の手筋があります。

図2-2からの指し手
△1四歩、▲2四歩(図2-3)

【図2-3 銀取りに構わず2筋を攻める】

【図2-3 銀取りに構わず2筋を攻める】

図2-2から△1四歩として銀を攻めてきても、構わず▲2四歩として攻めていくのがポイントです。せっかく前に進めた銀が取られてしまいそうですが、さらに数手進めてみましょう。

歩美
えー!これじゃあ銀が取られちゃいますよ!

銀を取られても、相手の金を取れる

図2-3からの指し手
△1五歩、▲2三歩成(図2-4)

【図2-4 角金両取りのと金】

【図2-4 角金両取りのと金】

△1五歩として銀を取ってきても、次の▲2三歩成が角金両取りとなります。後手は、角を逃げれば金を取られ、金を逃げれば角が取られるような形になってしまいました。

香介
これで銀は取られたけど、角か金のどちらかが取れる形になったんだ!こうした数手先の読みができるようになるといいね!

図2-4からの指し手
△2三金、▲同飛成(図2-5)

【図2-5 狙いの飛車成が成功!】

【図2-5 狙いの飛車成が成功!】

図2-4から後手が仕方なく△2三金としてと金を取ってきましたが、▲同飛成として無事飛車を龍に成らせることに成功しました。しかも結果的に銀は取られたものの金を取れたため、駒得の形になっています。

香介
見事棒銀が成功だ!ちなみに駒得については下の記事も参考にしてね!

 

後手が銀を取ってこなかったら?

図2-3 からの指し手
△2四歩、▲同銀(図2-6)

【図2-6 銀を前に進める】

【図2-6 銀を前に進める】

図2-3 から後手が銀を取らずに、△2四歩として歩を取ってきた場合についてみてみます。このときは単純に▲同銀として銀を前に進めれば攻めが成功します。次に▲2四銀成、△同金、▲同飛成と進んで飛車を成れれば攻めが決まります。

歩美
これは数の攻めで成功ですね!
香介
図2-6では2三の地点に利いている駒の数が、先手は2枚あるのに対して後手は1枚しかないんだ!これが数の攻めってやつだね!

 

3筋から銀を使うパターン

香介
ここまでは端から銀を使う攻めを見てきたね!ただ相手の形によっては3筋から銀を使うパターンもあるんだ!基本的な攻め方は端から攻めるやり方と同じだから、簡単に紹介していくよ。

図2-1からの指し手
▲3五歩、△同歩、▲同銀(図3-1)

【図3-1 3筋から銀を使う】

【図3-1 3筋から銀を使う】

図2-1からは、▲3五歩として攻めていく方法もあります。銀を5段目まで進出させることができれば、ここからは▲2四歩として2筋を攻めていくことができるのです。

香介
例えば、後手があらかじめ1四歩と突いていた場合なんかはこの攻め筋が有効だね!
歩美
相手の形を見て端から行くか3筋から行くか決めるんですね!!

次回は、相手が棒銀に対してしっかり受けてきたときの攻め方を見ていきます。

 

まとめ

香介
今回は初心者向けに棒銀のわかりやすい攻め筋を紹介したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 飛車、銀、歩が縦に並ぶ形が棒銀
  • 龍を作るのが狙い
  • 銀を端に進出させて攻める
  • 銀取りを恐れずに2四歩と突く
歩美
単純ですけど破壊力抜群ですね!
香介
次回はさらに棒銀のさまざまな手筋を見ていくよ!

チャンネル登録はこちら


Sponsored link

-手筋
-, ,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【図2-3 銀取りに構わず2筋を攻める】

【図2-3 銀取りに構わず2筋を攻める】