相掛かり

相掛かり棒銀(UFO銀)

投稿日:

歩美
前の記事では、相掛かりの基本の駒組みを教えてくれましたね!相掛かりの基本形からは、どうやって攻めていけばいいんでしょう?
香介
相掛かりに限らず、居飛車の攻めの基本は棒銀だ!今回は相掛かりの形から棒銀で攻めていく手順を解説していこう!

今回の記事では、相掛かりの棒銀の攻め方を解説していきます。

youtubeもやってます
おすすめ記事
Sponsored link

参考棋書:よくわかる相掛かり

香介
今回の記事は、マイナビ出版の「よくわかる相掛かり」を参考にしたよ!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

歩美
それでは、相掛かり棒銀の指し方を教えて下さい!

相掛かり棒銀の基本形

相掛かりの基本形

テーマ図

【図1-1 相掛かりの基本形】

【図1-1 相掛かりの基本形】

図1-1は相掛かりの基本形です。今回は、この形から棒銀で攻めていく順を見ていきます。

歩美
相掛かりの基本形までの指し方は以下の記事を参考にしてみて下さい!

▲2八飛車と奥に引く

図1-1からの指し手
▲2八飛(図1-2)

【図1-2 飛車を奥まで引く】

【図1-2 飛車を奥まで引く】

相掛かりの基本形からは、飛車を▲2八飛と奥まで引く形と、▲2六飛と浮き飛車にする形があります。棒銀を目指す場合は、▲2八飛と奥まで引く形にするのが基本です。

香介
▲2六飛と浮き飛車にする形は、自陣が若干薄くなるかわりに、飛車を左側に使っていくような変化があるのがメリットだね!

図1-2からの指し手
△8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△8四飛(図1-3)

【図1-3 相手は浮き飛車に】

【図1-3 相手は浮き飛車に】

相手も飛車先の歩を交換してきました。相手は浮き飛車に構えて、飛車の横利きをうまく使っていくのが狙いです。

▲2七銀~▲3六銀とUFO銀の形にするのが基本

図1-3からの指し手
▲3八銀、△3四歩、▲2七銀、△7二銀、▲3六銀(図1-4)

【図1-4 銀を3六に繰り出していく】

【図1-4 銀を3六に繰り出していく】

棒銀で攻めていくために、右の銀を活用していきます。▲2七銀~▲3六銀と繰り出していくのが相掛かり棒銀の基本で、この銀の形はUFO銀とも呼ばれています。

歩美
銀が斜めにジグザグ進んでいく感じがUFOっぽいですね!

 

Sponsored link

棒銀の基本の攻め筋

銀が五段目に出たら攻めが成功!?

図1-4からの指し手
△5二金、▲2五銀(図2-1)

【図2-1 この形になればほとんど攻めは成功】

【図2-1 この形になればほとんど攻めは成功】

まずは、棒銀の攻めが成功するパターンを見ていきます。図1-4からこちらが無条件に▲2五銀と銀を五段目に出せれば、ほとんど攻めは成功しています。ここからさらに手を進めて、攻めを見ていきましょう。

歩美
えっ!これで攻めが成功しているんですか!?

相手は▲2四歩を受けられない

図2-1からの指し手
△4一玉、▲2四歩(図2-2)

【図2-2 ▲2四歩からの攻めに受けがない】

【図2-2 ▲2四歩からの攻めに受けがない】

▲2四歩として攻めていく手に対して、相手は受けがありません。ここから銀をさらに前に進めていきます。

図2-2からの指し手
△2四歩、▲同銀、△2三歩(図2-3)

【図2-3 歩で受けようとしているが…】

【図2-3 歩で受けようとしているが…】

銀を前に進めた手に対して、相手は△2三歩と歩を打ってまもろうとしてきましたが、この手は受けになっていません。

図2-3からの指し手
▲2三銀成、△同金、▲同飛成(図2-4)

【図2-4 龍ができて攻めが成功】

【図2-4 龍ができて攻めが成功】

▲2三銀成とそのまま銀を前に進めていけば攻めが成功です。銀金交換で駒得できたうえに、飛車を成ることもできて棒銀の攻めが決まっています。

香介
こちらだけ龍を作ることができて優勢だね!

 

棒銀が受けられたら?

△3三角とするのが受けの基本

図1-3 からの指し手
△3三角(図3-1)

【図3-1 △3三角とするのが受けの基本】

【図3-1 △3三角とするのが受けの基本】

図1-3 に戻って、相手が棒銀を受けて生きた場合を見ていきましょう。相掛かり棒銀に対しては、△3三角として受けるのが基本です。一見すると受けになっていないようにも見えますが、さらに手を進めてみます。

飛車の横効きで受けられる

図3-1からの指し手
▲2五銀、△3五歩(図3-2)

【図3-2 飛車の横効きで受ける】

【図3-2 飛車の横効きで受ける】

▲2五歩と攻めていく形には、△3五歩でピッタリ受かります。飛車が横方向にも効いているのがポイントです。

歩美
ここから▲2四歩としても、△同歩、▲同銀、△同角、▲同飛、△同飛と進んで駒が一枚足りないですね…

△3三角を見たら、じっくり囲いを組む

図3-1 からの指し手
▲7六歩、△2二銀、▲6八玉、△4二玉、▲5八金(図3-3)

【図3-3 囲いを組んでいく】

【図3-3 囲いを組んでいく】

図3-1 に戻ります。相掛かり棒銀に対して相手が△3三角と受けてきた場合は、すぐに攻めるのをあきらめ、守りを固めていくのが基本です。図3-3の陣形は、「いちご囲い」とも呼ばれていて、相掛かりでよく出てくる形です。

香介
ここからは、相手の飛車の横効きが止まるのを待ったり、相手から攻めてくるのを待って反撃を狙うのが基本だよ!

 

まとめ

香介
今回は相掛かり棒銀の攻め方を解説したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 相掛かりの基本形から、▲2七銀~▲3六銀と構える
  • 無条件に銀が五段目に出せれば優勢
  • 相手は△3三角~△3五歩として受けるのが基本
歩美
相掛かり棒銀の攻め方がよくわかりました!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験


-相掛かり
-,

執筆者:

youtubeもやってます

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




【図1-3 銀を3六に繰り出していく】

【図3-1 △3三角とするのが受けの基本】

【図3-1 △3三角とするのが受けの基本】