手筋

棒銀vs振り飛車の基本

投稿日:

歩美
棒銀戦法を使っているんですが、相手が振り飛車にしてきたときの指し方がわかりません!
香介
今回は、棒銀で振り飛車と戦うための基本手筋を勉強しよう!振り飛車は角を3三において来るのが常套手段だね!

今回の記事では、棒銀で振り飛車と戦う手順を学んでいきます。

youtubeもやってます
おすすめ記事
Sponsored link

参考棋書:最強棒銀戦法

香介
今回の記事は創元社の「最強棒銀戦法」を参考にしたよ

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

歩美
それでは棒銀で振り飛車と戦う手順を教えてください!

 

棒銀vs四間飛車の基本形

テーマ図

【図1-1 棒銀vs四間飛車の基本図】

【図1-1 棒銀vs四間飛車の基本図】

図1-1は棒銀vs振り飛車の局面の一部を抜き出したものです。相手の陣形は、四間飛車と呼ばれるもので、飛車を左から四番目の筋に振るのが特徴です。今回はこの局面からの攻め方を見ていきます。

香介
棒銀の基本的な攻め筋は以下の記事も参考にしてみてね!

 

Sponsored link

1筋から攻めるのはうまくいかない

銀をタダで取られないように気をつけよう

図1-1からの指し手
▲1五銀(図2-1)

【図2-1 ▲9五銀から攻めたいが…】

【図2-1 ▲9五銀から攻めたいが…】

銀を端から使って攻めていくのが棒銀の基本の攻め筋です。しかし結論から言うとこの攻め筋はうまくいかない場合がほとんどです。

まずはシンプルに▲1五銀と出る手はどうでしょうか?

図2-1からの指し手
△1五角(図2-2)

【図2-2 銀をタダで取られてしまう】

【図2-2 銀をタダで取られてしまう】

▲1五銀と出てしまうと、△同角と取られてしまいます。相手の角が3三にあるときに生じる筋ですが、意外とうっかりしてしまいがちなので注意しましょう。

歩美
あっ!実戦でこんな手を指してしまったらいきなり投了したくなりますね…

端歩を突くが…

図1-1からの指し手
▲1六歩、△1四歩(図2-3)

【図2-3 端歩も突き返されると効果なし】

【図2-3 端歩も突き返されると効果なし】

▲1五銀とする前に、▲1六歩と突いておくが工夫の一手です。次に▲1五銀、△同角に対して▲同歩と角を取り返す手を作っています。しかし▲1六歩に対しては△1四歩とされると手がなくなってしまいます。

このように、振り飛車相手に棒銀を狙うときは、1筋からの攻めは失敗しやすいことを覚えておきましょう。

 

3筋から角頭を狙うのが本筋

▲3五歩が基本の攻め筋

図2-3からの指し手
▲3五歩(図3-1)

【図3-1 3筋からの攻めが本命】

【図3-1 3筋からの攻めが本命】

今度は▲3五歩と3筋から攻めていきます。対振り飛車の棒銀は、このように3筋から攻めていくのが基本です。△3三角と上がる形は、角の頭の3四の地点が弱点になりやすいので積極的に狙っていきます。

香介
相手の角の正面の3四の地点は、「角頭(かくとう)」と呼ばれる弱点なんだ!

銀が5段目に出れれば攻めが決まる

図3-1からの指し手
△3五歩、▲同銀(図3-2)

【図3-2 この形になれば必勝形】

【図3-2 この形になれば必勝形】

図3-1から、相手が△同歩と歩を取ってくれれば、こちらの銀が3五に進出できます。図3-2のように銀が五段目まで前に出てきた形は、棒銀が優勢な形であると覚えておきましょう。さらにここから数手進めて、棒銀の攻めが決まるのを見ていきます。

歩美
これで棒銀成功なんですか!?まだまだ相手に受けがありそうにも見えます。

図3-2からの指し手
△3四歩(図3-3)

【図3-3 角頭を守る受け】

【図3-3 角頭を守る受け】

図3-2から、相手は△3四歩と打ってきました。もしここに歩を打ってこなければ次に棒銀側から▲3四歩と打って一気に勝勢です。この手は、角頭を守りつつ、こちらの銀を攻めてくる手と言えるでしょう。

香介
ここで銀取りから逃げずに攻める手はないかな?

銀取りに構わず攻める

図3-3からの指し手
▲2四歩(図3-4)

【図3-4 銀取りを無視して攻める】

【図3-4 銀取りを無視して攻める】

銀が取られそうですが、無視して▲2四歩と攻める手が成立します。ここからさらに数手進めてみましょう。

図3-4からの指し手
△3五歩、▲2三歩成(図3-5)

【図3-5 銀は取られたが、角を取り返せる】

【図3-5 銀は取られたが、角を取り返せる】

図3-4から銀を取られましたが、▲2三歩成の攻めが強烈です。次に相手がどんな手を指しても角を取れるうえに、飛車を成り込んで攻める手も見えています。

歩美
一瞬銀を取られて損しますが、すぐに角を取れるので駒得できますね!
香介
ちなみに図3-4から△2四同歩としてきても、▲同銀で棒銀が良しだよ!

歩を取ってくれなかったら、飛車を3筋に

図3-1からの指し手
▲3八飛(図3-6)

【図3-6 3筋に戦力を集中させる】

【図3-6 3筋に戦力を集中させる】

図3-1から相手が3五の歩をとってくれなかった場合は、▲3八飛として3筋に戦力を集めましょう。飛車、銀、歩の三枚で角頭を執拗に攻めていきます。

香介
今回の解説はここまでだよ!

 

まとめ

香介
今回は棒銀で振り飛車と戦う順を解説したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 1筋からの攻めはうまくいかない
  • 3筋から角頭を狙うのが基本
  • 銀が5段目に出れば攻めは成功
  • 銀取りに構わず▲2四歩と攻める
歩美
相手が3三角としてきたときは角頭を狙うんですね!振り飛車との戦い方がよくわかりました!

<<前の記事
棒銀の中盤戦
次の記事>>
棒銀で使われる囲い

-手筋
-,

執筆者:

youtubeもやってます

関連記事

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です