手筋

角行の手筋と使い方

投稿日: 10/28/2018 更新日:

将棋では8種類の駒が使われ、それぞれ働きや役割が異なります。これらの駒の使い方を勉強すれば、棋力が向上すること間違いなしです。

香介
今回は角行の使い方を解説するよ。
歩美
角ってなんだか使いどころが難しいです~。飛車と同じ大駒なのになんだかパッとしない感じ…

今回は角行の基本的な使い方を解説し、さらに角行を使った手筋として「角での両取り」「筋違いの角打ち」「角と桂馬を組み合わせた攻め」「攻防の角」を紹介したいと思います。

将棋の手筋一覧へ戻る

Sponsored link

角は攻めに、馬は守りに

攻めは飛角銀桂」という格言があるように、角は基本的に攻め駒として使うのが一般的です。しかし角の成駒である馬は守りに使うとよい手が多いのです。一度敵陣に成った馬を自陣に引くことで、守備が固くなるのです。

たとえば図1-1のような局面を考えてみましょう。先手は舟囲いに組んでいます。

【図1-1 舟囲い】

【図1-1 舟囲い】

ここで何も受けないと、次に△8六桂、▲同歩、△8七銀、▲同玉、△6九飛成と進み、舟囲いが一気に崩壊します。

【図1-2 舟囲いが崩壊】

【図1-2 舟囲いが崩壊】

歩美
桂馬と銀を捨てて一気に寄せてきました!!こんな手順があるんですね!
香介
後手は舟囲い崩しの手筋を使ってきたね。

図1-1からは敵陣にある馬を引き付け、▲7七馬とすれば囲いが強靭になり、後手からの速い攻めはなくなります。

【図1-3 馬は自陣に引け】

【図1-3 馬は自陣に引け】

香介
馬は自陣に引け」「馬の守りは金銀3枚」なんて格言もあるね。
歩美
金銀3枚ですか!?ちょっと大袈裟すぎるような…。

 

Sponsored link

角行の手筋4つ

ここからは角行を使った手筋を紹介していきます。「角での両取り」「筋違いの角打ち」「角と桂馬を組み合わせた攻め」「攻防の角」の4つです。

角での両取り

角は動ける範囲が広い駒なので、その特徴を活かした両取りを仕掛けられる局面が多くなります。

【図2-1 角での両取り】

【図2-1 角での両取り】

歩美
図2-1はいわゆる王手飛車ですね!

しかし、例えば図2-2のような両取りでは後手に受けがあるので注意が必要です。

【図2-2 角での両取りだが…】

【図2-2 角での両取りだが…】

ここから△3三角とすれば両取りを受けられてしまいます。

【図2-3 角を合わせられて受けられる】

【図2-3 角を合わせられて受けられる】

香介
角には角」という格言あるんだ。角での攻めは角を使って受けられてしまうことが多いよ。

 

筋違いの角打ち

下のような局面を考えてみましょう。初手から▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△3五歩、▲6八玉、△3二飛、▲2二角成、△同銀と進んだところです。実はこの局面から馬を作ることができるのですが、わかるでしょうか?

【図3-1 序盤から馬を作るには?】

【図3-1 序盤から馬を作るには?】

図3-1から▲6五角と打てば、後手は次に▲4三角成とする手と▲8三角成とする手を同時に受けることができません。

【図3-2 筋違いの角打ち】

【図3-2 筋違いの角打ち】

このように6五もしくは4五に打つ角を「筋違いの角」といいます。

歩美
いきなり馬を作れてラッキーです!
香介
角交換の将棋になるとこの筋違いの角打ちが生じやすくなるから注意して駒組みを進めよう。

なお、初手から▲7六歩、△3四歩、▲2二角成、△同銀、▲4五角といきなり筋違いに角を打つ戦法も存在し、戦法名はそのまま「筋違い角」と呼ばれています。

【図3-3 筋違い角】

【図3-3 筋違い角】

香介
いわゆる奇襲戦法の類だね。

 

角と桂馬を組み合わせた攻め

下のような局面を考えてみましょう。後手は美濃囲いに組んでいますが、実はここから3手で詰んでしまいます。

【図4-1 どのように攻める?】

【図4-1 どのように攻める?】

図4-1から▲7四桂と打つのが正解です。後手はこの桂馬を△同歩と取ってしまいたいところですが、そうすると玉が角の効きに入ってしまうのです。

【図4-2 後手は桂馬をとれない】

【図4-2 後手は桂馬をとれない】

図4-2からは後手玉がどこに逃げても▲8二金で詰みです。

【図4-3 どう応じても金打ちで詰み】

【図4-3 どう応じても金打ちで詰み】

香介
この攻め筋は美濃囲いの弱点なんだ!

 

攻防の角

下の局面を考えてみます。次に△5八金と打たれると自玉が詰んでしまいまうので、何か受ける必要があります。

【図5-1 攻防の角】

【図5-1 自玉に詰めろがかかっている】

歩美
こんな感じに次に詰んじゃう状態を「詰めろ」っていうんでしたよね!

ここでは▲7六角と打つ手が良い手になります。自玉の詰めろを防ぎつつ、次に▲3二角成とすれば相手玉が詰んでしまいます。このように受けにも攻めにも働くような角打ちを「攻防の角」といいます。角は動ける範囲の広い駒なので、このような攻防手が発生しやすいのです。

【図4-2 攻防の角打ち】

【図4-2 攻防の角打ち】

香介
これは自分の詰めろを逃れながら相手に詰めろをかける「詰めろ逃れの詰めろ」ってやつだね。
歩美
攻めも守りも両方考えながら角を打つんですね~。実戦ではこんな高度な手はなかなか指せなさそう…。

 

まとめ

香介
今回は角行の使い方と手筋を解説したよ。
歩美
角の手筋ってなんだか飛車と比べてトリッキーな手が多かったですね~。攻めと守り両方にうまく使うのがコツって感じ?

将棋の上達には、手筋を多く覚えて実戦で使いこなすことは重要です。さらに多くの手筋を学びたいと思った方は、渡辺明先生監修の「将棋・ひと目の手筋」を一読されることをおすすめします。今回紹介した手筋はもちろん、他にも実戦で使える手筋が208も解説されています。

将棋の手筋一覧へ戻る


Sponsored link

-手筋
-,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です