勉強法

終盤のコツと勉強法

投稿日: 08/12/2018 更新日:

歩美
また終盤で逆転負けしちゃいました…。優勢だったはずなのになんで負けちゃったんでしょう…。
香介
将棋の終盤は本当に難しいよね!終盤のコツを知ってないとうまく寄せられないんだ。

将棋の序盤~中盤は得意で、駒得をして飛車も成って大優勢!!なのになぜか終盤が下手で毎回勝ちきれずに負けてしまうなんてことありませんか??特に大悪手を指して頓死しているわけでもないのに、のらりくらりとこちらの攻めを受けられているうちに気付けば必死をかけられている…。

そこで今回は、終盤力をつけるための勉強法を3つ紹介します。

youtubeもやってます
おすすめ記事
Sponsored link

終盤力って?付け方は?

香介
そもそも終盤って簡単に一言でいうけど、終盤は大きく3段階に分かれているんだ!
歩美
3段階に…?どういうことでしょうか??

将棋の終盤では相手玉を詰ませることを狙うのですが、いきなり玉を詰ませることはできません。玉を詰ませるためには大きく3ステップの段階に分かれています。

玉を詰ませる3ステップ

  1. 囲い崩し:相手の囲いを崩す
  2. 寄せ  :相手玉の周りに攻め駒を配置する
  3. 詰み  :相手玉を詰ませる

まず終盤力を鍛えるためにはこの3つをバランスよく鍛える必要があることを覚えておいてください。そして終盤が苦手な人は、この3段階の内どこが苦手なのかまず知る必要があるのです。

香介
むやみやたらに詰将棋を解いていれば終盤力がつくってわけじゃあないんだ!

 

囲い崩しのコツは玉の近くの金を狙う

香介
まずは囲い崩しのコツを見ていこう!
【図1-1 どうやって崩す?】

【図1-1 どうやって崩す?】

図1-1のような、高美濃囲いを崩す順を考えてみましょう。全く手のついていない状態ですが、どこから攻めていくのが良いでしょう?

歩美
こういう時、どうやって攻めたらいいのかわからないんです!!飛車しか攻め駒がないし、王手もできないし…
【図1-2 桂馬で金を狙う】

【図1-2 桂馬で金を狙う】

囲い崩しの大原則は、安い駒で玉の近くの金を狙うことです。今回は持ち駒の桂馬で▲7五桂と打ち、6三の地点の金を狙ってみます。囲い崩しで困ったときは、持ち駒の桂馬で金を狙う手が好手になりやすいです。

【図1-3 香車でさらに金を狙う】

【図1-3 香車でさらに金を狙う】

図1-2から△6二金引とすれば、▲6三香と打ってさらに金を狙っていきます。これに対して、△同金と取ってくれれば、▲同桂成、△同銀、▲6一飛成で高美濃囲いは崩壊です。

歩美
わっ!一気に囲いが崩れてしまいました!

終盤のコツ1

  • 囲い崩しは玉の近くの金を狙う

囲い崩しの大原則は、桂馬や香車などの安い駒で相手玉の近くの金を狙うことです。また、有名な囲いに関しては崩すための手筋が多く研究されています。こうした手筋を勉強するのも終盤力強化にはもってこいでしょう。

香介
囲い崩しの手筋は以下の記事で紹介しているよ!

 

寄せのコツは駒を安易に清算しないこと!

歩美
次は寄せのコツを教えてください!
【図2-1 舟囲いを寄せる】

【図2-1 舟囲いを寄せる】

次は寄せの流れを見ていきます。例えば図2-1のように舟囲いを寄せていく順を考えてみましょう。

【図2-2 まずは囲い崩しの原則】

【図2-2 まずは囲い崩しの原則】

図2-1から▲5三銀、△4二金と進みました。これは囲い崩しの原則に従って、金を狙っています。後手は5三の銀を取ると飛車で玉を取られてしまうので、仕方なく△4二金と形を引き締めて粘っています。

歩美
これで次に▲4二銀成として金を取れますね!!
香介
ちょとまって!本当に▲4二銀成としていいのか考えてみよう!
【図2-3 さらに攻め駒を足していく】

【図2-3 さらに攻め駒を足していく】

図2-2からはすぐに▲4二銀成と金を取るのではなく、▲7五角として力を貯めます。相手玉を寄せるときは、攻め駒は持ち駒として持っているよりも、盤上にある方が極力です。盤上の駒はすぐに清算しないのが寄せのコツなのです。後手はどちらにせよ5三の銀は取れないので、攻めの態勢をじっくり整えてから▲4二銀成、△同銀、▲同角成と攻めていけばよいのです。

歩美
なるほど!盤上にどんどん攻め駒を配置していくんですね!

終盤のコツ2

  • 攻め駒をすぐに清算しない

相手玉を寄せるときは、盤上にいかに攻め駒を残すかということに注目して考えてみると寄せやすくなるはずです。

香介
実戦を模擬した局面での寄せの手順は以下の記事で詳しく解説しているよ!

詰みのコツは王手しないこと!?

香介
詰みのコツは王手しないことなんだ!
歩美
え!?どういういことですか!?王手しなければ詰ませられませんよね??
【図3-1 どうやって攻める?】

【図3-1 どうやって攻める?】

図3-1は終盤に相手玉を追い詰めている様子です。いまにも詰みそうな状況ですが、ここでどうやって指すのが良いでしょう?

歩美
もちろん▲3三銀と王手します!!
【図3-2 ▲2六銀としても△3七玉で逃げられる】

【図3-2 ▲2六銀でも△3六玉で逃げられる】

▲3三銀と王手してしまうと、△2五玉と逃げられて、これ以上攻められなくなります。さらに▲2六銀と王手しても△3六玉と逃げられます。

【図3-3 次に▲2五銀と▲3三銀の詰み】

【図3-3 次に▲2五銀と▲3三銀の詰み】

図3-1からは▲2六銀とするのが好手です。これは次に▲2五銀の詰みと▲3三銀の罪を見ており、後手は適当な受けがなく必至です。このように、詰みが見つからないときは無理に王手するよりも詰めろで迫っていく方が好手になることが多いのです。

歩美
なんでも王手するんじゃなくて、詰めろや必至で寄せていくのが重要なんですね!

終盤のコツ3

  • 詰みが見えないときは、王手せずに詰めろで攻める
香介
詰み、詰めろ、必至などの用語についてはこちらを見てね!
歩美
詰みの形やパターンを覚えて、詰みの局面を逃さないようにするのもいいですね!!

 

寄せの3つのコツまとめ

香介
ここまでに解説してきた終盤のコツをまとめよう!!

POINT

  1. 囲い崩しは玉の近くの金を狙う
  2. 攻め駒をすぐに清算しない
  3. 詰みが見えないときは、王手せずに詰めろで攻める
歩美
何となく終盤のコツがわかってきたような気がします!!

 

Sponsored link

バランスよく終盤力を鍛える勉強法とおすすめの棋書

香介
ここからは実際に終盤力をつけるのに役立つ本を紹介してくよ!
歩美
囲い崩し、寄せ、詰みっていっても何から勉強したらいいかわかりません!!

 

まずは詰将棋

香介
なによりまずは詰将棋!!詰将棋は読みの力を鍛える基礎トレーニングだから、困ったときは詰将棋だ!

詰将棋はスポーツでいう筋トレみたいなもので、何をするにもまずは基礎体力が必要です。3手詰をスラスラ解けないという方は、囲い崩しや寄せの勉強をする前に詰将棋から始めた方がよいと思います。「3手詰ハンドブック」は特におすすめです!

歩美
こっちの記事でも詰将棋の本を紹介してますね!

終盤の基礎を一気にマスター

香介
下の2冊は、詰将棋よりも終盤に特化した本だよ!囲い崩し、寄せ、詰みをバランスよく勉強できるんだ!

3手詰めはある程度解けるという方は、終盤力に特化した本を読まれてみるのがおすすめです。「将棋・ひと目の寄せ」は詰み、寄せに加えて受けの問題がバランスよく載っているため、とにかく終盤力を付けたいという方におすすめです。級位者でも読みやすい内容になっていますよ!!

 

また「最強の終盤 詰みと寄せの最重要手筋104」という本もおすすめです。これは問題数は少なめですが解説が多めに載っているので、しっかし考えながら読むことができます。

 

一点特化で終盤力を鍛える

歩美
ここからは囲い崩し、寄せ、詰みの本をそれぞれ紹介ですね!

囲い崩しを鍛える

香介
まずは囲い崩しの本だよ!

囲い崩しは、まずはいろいろな種類の囲い崩しがバランスよく載っているのもを選ぶと良いでしょう。「全戦型対応!囲いの破り方」という本がおすすめです。

寄せを鍛える

歩美
寄せって具体的にはどんな勉強をしたらいいんでしょう??
香介
必至の勉強をするのがオススメだよ!必至の形をたくさん知っておけば、自然と必至形を目指した寄せができるようになってくるんだ!

寄せを鍛えるには、必死の問題を解くのがおすすめです。「寄せが見える本」は必死問題の名著と言われており、解説の量がかなり豊富です。初めて必死の本を買う方はこれしかないと思っています。

 

また金子タカシさんの「寄せの手筋200」も有名です。この本を一冊マスターするだけで確実に終盤力なら2~3段にはなると思います。ただし内容は難しいものも多いのである程度実力がついてから読まれるのがよいでしょう。

 

詰みを鍛える

香介
手っ取り早く終盤力をつけるには、実戦形式に近い詰将棋を解くのが良いよ!

詰みを鍛えて終盤力をつけるには、詰将棋をひたすら解くのでも構いません。しかし市販の詰将棋の中にはパズル性があまりに強く、局面が指し将棋とあまりにかけ離れているようなものもあります。そこで終盤力強化のためには実戦形式の詰将棋を解くのがおすすめです。

将棋・詰みの基本手筋」は実戦で見たことあるような局面ばかりの詰将棋本です。詰みの形や手筋をパターンで分類していて、すぐに応用ができそうな問題ばかり集めています。

また、詰将棋なら本間博先生の「妙手に俗手、駒余りもあり!実戦詰め筋事典」がおすすめです。これは完全実戦形式の詰将棋で、駒余りがあるのが特長です。将棋実戦の終盤力をつけるのに特化した詰将棋と言えます。

 

まとめ

いかがでしたか?終盤を「囲い崩し」「寄せ」「詰み」の3段階に分けてそれぞれの勉強法を紹介しました。是非皆さんも終盤力をしっかり鍛えて、逆転勝ちできるようになりましょう!


-勉強法
-, ,

執筆者:

youtubeもやってます

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です