駒落ち定跡

8枚落ち定跡

投稿日: 04/28/2019 更新日:

歩美
将棋のルールを覚えて最近は実戦で練習しています!でも将棋のうまい人に8枚落ちでボコボコにやられてしまいました…。一気に自信喪失です…。
香介
だったら駒落ちの定跡を覚えてみたらどうかな?将棋初心者のうちは、少し勉強するだけで棋力が一気に上がることも珍しくないよ!

今回の記事では、将棋の8枚落ちでの駒落ち定跡について解説します。8枚落ちでは棒銀を使った攻めを覚えるのが良いでしょう。

駒落ち定跡まとめに戻る

Sponsored link

参考棋書:決定版 駒落ち定跡

香介
今回の記事は、毎日コミュニケーションズの「決定版 駒落ち定跡」を参考にしたよ!羽生善治先生も推薦している駒落ち定跡の名著なんだ!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

歩美
それでは8枚落ち定跡の解説に行ってみましょー!

 

8枚落ちの基本図と下手の狙い

8枚落ちの初期配置

テーマ図

【図1-1 八枚落ちの基本図】

【図1-1 八枚落ちの基本図】

図1-1は8枚落ちの初期配置です。上手は飛車、角、銀、桂、香を落とした状態でスタートします。もちろん下手が圧倒的に有利なルールですが、これでも上手が上級者だと簡単には勝てないものなのです。

歩美
こんなに駒を落としてもらってるのに意外と勝てないんですよね…
香介
ちなみに駒落ちの対局では、駒を落としている上手から先に指し始めるのがルールだよ!

飛車と角を龍や馬にするのを狙う!

図1-1からの指し手
△3二金、▲7六歩、△7二金、▲2六歩(図1-2)

【図1-2 飛車と角を使っていく】

【図1-2 飛車と角を使っていく】

将棋では飛車や角を成らせることができれば勝負を優勢に進められます。この考え方は駒落ち戦でも例外ではなく、下手は▲7六歩、▲2六歩と歩を突き、飛車と角の動けるゾーンを広げておくのが良い手です。ここから下手がどのように龍や馬を作っていくのかという点に注目しながら先を進めていきましょう。

歩美
ふむふむ、龍や馬を作りに行くのがコツなんですね!そのためには前にある邪魔な歩を動かしていかなきゃですね!

 

棒銀の攻め筋を覚えよう!

飛車、銀、歩で攻めるのが棒銀の陣形

図1-2からの指し手
△5二玉(図2-1)

【図2-1 上手は玉を早めに逃がす】

【図2-1 上手は玉を早めに逃がす】

上手は△5二玉と玉を上がります。この手は下手の飛車と角の攻撃を避ける意味があります。下手の飛車も角も両方とも盤面の右奥の地点に利きが伸びているのがわかりますか?そのため上手は飛車と角の利きがない盤面左手前(上手から見ると右奥)を目指して玉を進めていきます。

図2-1からの指し手
▲2五歩、△6四歩、▲3八銀、△6三玉、▲2七銀、△7四歩、▲2六銀、△7三金、▲3五銀(図2-2)

【図2-2 棒銀の陣形】

【図2-2 棒銀の陣形】

下手は、棒銀という陣形に組みました。ここでの指し手は、上手側の細かい指し手はあまり覚える必要がないのでとにかく図2-2の下手側の飛車と銀の配置をしっかり覚えておきましょう。3五の銀、2五の歩、2八の飛車の3枚をうまく連携させていくのが棒銀の陣形です。

歩美
うわっ!こんなに長い手順追えないですよ!
香介
細かい指し手は気にせずに、とにかく下手の飛車、銀、歩の動きだけに注目して追っていこう!

まずは歩を捨てるところから攻めを始める

図2-2からの指し手
△6五歩、▲2四歩(図2-3)

【図2-3 2筋の歩を捨てる】

【図2-3 2筋の歩を捨てる】

下手は△2四歩と歩を突きます。この歩は次に取られてしまいますが、このように2筋の歩を捨てるところから棒銀の攻めは始まります。ここからさらに進めてみましょう。

香介
歩を捨てていく考え方をぜひマスターしよう!ここの攻め方が分かれば8枚落ちはほとんどマスターしたといってもいいね!

図2-3からの指し手
△2四歩、▲同銀、△4二金(図2-4)

【図2-4 次の一手は?】

【図2-4 次の一手は?】

下手は歩を取られましたが、銀を前に進めて歩を取り返しました。このように相手に歩を渡す代わりに銀を前に進めて歩を取り返すのが棒銀の攻めの基本です。図2-4では上手は金を逃がして守りを固めてきましたが、ここで下手は銀をどのように動かすのが良いでしょうか?

香介
次の指し手を少し考えてみよう!

龍を作って下手優勢

図2-4からの指し手
▲3三銀成(図2-5)

【図2-5 角と飛車を一気に使う】

【図2-5 角と飛車を一気に使う】

図2-4からは▲3三銀成と指すのが良い手です。もしこの銀を△同金と取られても、▲同角成と金を取り返しながら馬を作ることもできます。さらに、下手は飛車を前にすすめて龍を作る手もあり、飛車と角が一気に働きだす展開になります。もし図2-4から▲2三銀成などとしてしまうと、飛車も角も使いにく陣形になってしまうことを確認してみてください

歩美
図2-5では飛車の前に駒がなくてすっきりしてますね~
香介
このような状態を「飛車先が軽い」っていうんだ!飛車先が軽いのは龍を作りやすい好形だから、常に意識して戦ってみよう!

図2-5からの指し手
△5二金、▲2三飛成(図2-6)

【図2-6 龍を作って下手優勢】

【図2-6 龍を作って下手優勢】

図2-5から進めて下手は龍を作ることに成功しました。ここから相手玉をいかに捕まえるかという展開になりますが、すでに下手優勢でしょう。

香介
ちなみに龍を作るときは相手玉のいる段に作るのがセオリーだよ。今回相手玉は3段目にいるから龍も3段目に作ったんだ!

 

Sponsored link

上手が玉で守ってくるパターン

上手は棒銀への守りを固める

図1-2 からの指し手
△4二玉、▲2五歩、△3一玉、▲3八銀、△6四歩、▲2七銀、△6三金、▲2六銀、△6四歩、▲3五銀、△2二玉(図3-1)

【図3-1 玉を守りに使ってきた】

【図3-1 玉を守りに使ってきた】

図1-2 まで戻って別の指し手を見てきます。細かい手順はあまり気にせず、上手の玉の位置に注目してみましょう。今度は上手は玉を2二の地点に持っていき、棒銀での攻めを受け止めようという指し手です。2三の地点に利いている駒が2枚あるため、簡単には攻め切れません。

香介
下手の棒銀の形、上手の玉と金での守りの陣形に注目しよう。

図3-1からの指し手
▲2四歩(図3-2)

【図3-2 やはり歩を捨てて攻めに行く】

【図3-2 やはり歩を捨てて攻めに行く】

図3-1からはやはり2筋の歩を捨てて攻めを開始します。上手の玉の位置によって攻め方がどのように変わっていくのか見ていきましょう。

銀が取られそうだが、ここが定跡

図3-2からの指し手
△2四歩、▲同銀、△2三歩(図3-3)

【図3-3 銀が取られそうだが…】

【図3-3 銀が取られそうだが…】

図3-2から数手進めてみます。上手が△2三歩と打って、下手の銀が取られそうになってしまいました。しかしここで下手の好手があります。知らないと指せない手かもしれませんが、考えてみてください。

歩美
あれっ!今度は下手の銀が取られそうになってしまいました!
香介
図2-3では2三の地点に上手の駒が金と玉の2枚効いているのがわかるかな?このせいで銀が取られそうになってしまっているんだ!もし玉が2二の位置にいなければ、このまま▲同銀と前に出して△同金、▲同飛と進められるよ

図3-3からの指し手
▲2三銀成、△同金(図3-4)

【図3-4 銀をタダで捨てるのが定跡】

【図3-4 銀をタダで捨てるのが定跡】

図3-3からは銀をタダで捨ててしまうのが定跡です。一見すると下手が悪く見えますが、ここからうまく攻めていく順があります。

図3-4からの指し手
▲2四歩(図3-5)

【図3-5 銀を取られたが、下手の攻めが厳しい】

【図3-5 銀を取られたが、攻め続く】

下手は銀を取られて駒損してしまいましたが、▲2四歩と打って攻めが続きます。駒損してしまってもその後厳しい攻めが続けば、相手の駒を取りながら駒損を回復できるのです。さらにここからの攻めを見ていきましょう。

香介
駒を捨てて攻めるのはかなり勇気がいるし、初心者には難しいよ!でも定跡を正しく知っていれば、こういった攻めもできるようになるんだ!

銀金交換になれば下手が駒得で良し

図3-5からの指し手
△2四金、▲同飛(図3-6)

【図3-6 結果的には銀金交換】

【図3-6 結果的には銀金交換】

図3-5から上手がこちらの歩を取ってくれれば、相手の金を取ることができ、結果的には銀金交換の駒得になりました。これで下手が優勢に進められるでしょう。

歩美
う~ん。上手が歩を取ってくれたから駒得できましたが、図3-5から金に逃げられたらどうしたらいいんですか?
香介
その指し方は次に説明していくよ!

上手が金を逃がしてもうまくいかない

図3-5 からの指し手
△3四金、▲2三歩成、△3一玉(図3-7)

【図3-7 上手が金を逃がした場合】

【図3-7 上手が金を逃がした場合】

図3-5 から別の指し手を見ていきます。上手が金を逃がした場合は▲2三歩成としてと金を作ります。と金は、金と同じ働きができるうえに、相手に取られてしまっても相手の持ち駒には歩しか増えません。そのため非常に価値が高い駒とされています。図3-7からは下手のある一手で一気に勝勢になりますが、どのような手を指せばいいかわかりますか?

香介
次の指し手は難しいよ!

図3-7からの指し手
▲3三と、△4四金(図3-8)

【図3-8 と金で攻めていく】

【図3-8 と金で攻めていく】

図3-7からは▲3三ととしました。これに対して上手が△同金と取ると▲同角成と馬を作りながら金を取ることができるため、下手勝勢になります。そのため△4四金と逃がしました。しかしここから下手には狙いの手がありました。考えてみましょう。

図3-8からの指し手
▲2二飛成、△4一玉、▲4二と(図3-9)

【図3-9 なんと、上手の玉が詰んでしまう】

【図3-9 なんと、上手の玉が詰んでしまう】

実は図3-8から三手で上手の玉が詰んでしまいました。図3-9では上手がどのような手を指しても玉が取られてしまうことを確認してみてください。

歩美
あっ!あっさり下手の勝ちになってしまいました!
香介
ここまでの手順は複雑な手も多く、初心者には指せないような変化もあったね。でも定跡をしっかり勉強しておけば、こういった難しい手も実戦で指せるようになるんだ!

 

龍や馬を作ったら終盤戦!相手玉を詰めよう!

実際の8枚落ちでの対局では、龍や馬を作った後も対局は続きます。龍や馬ができたらいよいよ相手玉を攻めていく段階に入るのですが、うまい攻めを身に着けるためには詰みの形をたくさん知っておくのが良いでしょう。以下の記事では初心者向けの詰将棋の問題をいくつか紹介しているため、これらで勉強して終盤力をアップさせましょう。

香介
最初は1手詰めをいくつか解くだけでも、実戦でも攻めが見違えるように鮮やかになるよ!

駒落ち定跡まとめに戻る

 

まとめ

香介
今回は8枚落ちの定跡を学んだよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 飛車や角を龍や馬にするのを狙う
  • 飛車、銀、歩を連携させる棒銀の攻めを覚える
  • 歩を捨てるところから攻めを始める
歩美
8枚落ちの指し方がわかりました!これで私も勝てるようになった気がします!

今回は8枚落ちの定跡を解説しました。8枚落ちをマスターした人は6枚落ちにもチャレンジしてみましょう。6枚落ち定跡は以下の記事で解説しています。

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

駒落ち定跡まとめに戻る


Sponsored link

-駒落ち定跡
-,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【図1-2 飛車と角を使っていく】

【図1-2 飛車と角を使っていく】

【図3-5 銀を取られたが、下手の攻めが厳しい】

【図3-5 銀を取られたが、攻めが続く】