手筋

桂馬の手筋と使い方

投稿日: 10/21/2018 更新日:

将棋の上達のためには、駒の特性や使い方を正しく知ることが大切です。

香介
今回は桂馬の使い方を解説するよ。
歩美
私、桂馬を使い方がよくわからないんですよね。なんかただ終盤に取られるのを待ってるだけの駒って感じ…

今回は桂馬の基本的な使い方と、桂馬を使った手筋として「ふんどしの桂」「歩頭の桂」「つるし桂」「控えの桂」「継ぎ桂」を紹介したいと思います。桂馬はトリッキーな動きをする駒ですが、その分うまく使いこなすことで強力な駒となります。

将棋の手筋一覧へ戻る

Sponsored link

桂馬の高跳び歩の餌食!!ここぞというときに跳ねるのがポイント!

香介
桂馬を使うコツはむやみに跳ねださないことなんだ。
歩美
う~ん…。そうはいってもいつまでも動かさないわけにもいかないし、難しいなあ。

桂馬の使い方の1番のポイントは、むやみに跳ねださないことです。「桂馬の高跳び歩の餌食」という格言があり、どんどん桂馬を跳ねてしまうと歩で取られてしまう展開になりがちです。

たとえば下の図1のような局面を考えてみましょう。

桂馬の高跳び歩の餌食

【図1 桂馬を跳ねていいのか?】

香介
図1のような局面のとき、歩美ちゃんは▲3七桂と跳ねる手を指したりしていないかい?
歩美
いわれてみれば、3七のスペースが空いていたらとりあえず桂馬を跳ねてる気がします!
桂馬の高跳び歩の餌食

【図2 桂馬を跳ねたところ】

図1から▲3七桂と桂馬を跳ねたところです。一見桂馬を活用する自然な手ですが、これは悪手となります。

香介
図2から△3五歩、▲同歩、△3六歩という手があるんだ。
桂馬の高跳び歩の餌食

【図3 桂馬が取られてしまう】

歩美
あっ!これで桂馬が死んじゃいました!!たしかにこんな感じで桂馬を取られちゃったこと何回もありますね~

桂馬は前のマスに進めないため、頭に歩を打たれるとあっさり取られてしまうことがあります。今回は後手の桂頭攻めで桂馬が死んでしまいました。

香介
桂馬を跳ねる前に、▲4八銀~▲4七銀のような手を指しておいて、3六の地点をカバーしてから桂馬を跳ねるようにしよう!!

【図4 桂頭を守る手が重要】

歩美
なるほど!図4のようにしておけば桂頭に歩を打たれても銀で取り返せますね!
Sponsored link

桂馬の手筋5つ

ここからは桂馬を使った手筋として、「ふんどしの桂」「歩頭の桂」「つるし桂」「控えの桂」「継ぎ桂」の5つを紹介します。どれも実戦で使える手筋ばかりなのでぜひマスターしてください。

ふんどしの桂

まずは「ふんどしの桂」です。桂馬を使った両取りの手筋です。

ふんどしの桂

【図5 ふんどしの桂】

歩美
この手筋は私も知ってます!飛車角両取りは気持ちいですよね~。桂馬を手持ちにしたらふんどしの桂を打てるところを探しちゃいます!!
香介
ふんどしの桂はわかりやすくて強力な手筋だね。ある程度慣れてきたら、相手が桂馬を手持ちにしたときにこちらに両取りのスキが無いか探す癖もつけよう!

歩頭の桂

まずは下のような局面を考えてみましょう。

【図6 歩頭の桂】

【図6 歩頭の桂】

図6の局面から、3手で相手玉は詰んでしまうのですがわかりますか?

歩美
一緒に考えましょう!

まずは▲2四桂と打ちます。このように相手の歩の頭に桂馬を打つ手筋を「歩頭の桂(ふとうのけい)」と言います。

【図7 歩の頭に桂を打つ】

【図7 歩の頭に桂を打つ】

図7から△同歩、▲2三金として詰みになります。

【図8 空いたスペースに金を打って詰み】

【図8 空いたスペースに金を打って詰み】

香介
歩頭の桂は、相手の歩で桂馬を取らせて、駒を打つスペースを作る手筋なんだ!!終盤の寄せの局面でよく出てくるよ。
歩美
なるほど~!駒を捨ててから一気に詰めるなんてちょっとオシャレな手筋ですね!
香介
ちなみに今回、歩頭の桂を打った図7の局面で、△2二玉と逃げた場合は▲3二角成で詰みだね。
【図9 逃げても詰み】

【図9 逃げても詰み】

歩頭の桂についてはこちらの記事でも解説しています。

つるし桂

下のような局面を考えてみましょう。

【図10 つるし桂の基本図】

【図10 つるし桂の基本図】

次に▲6三桂と打てば詰んでしまいます。このように桂馬を打って詰ませる手筋を「つるし桂」といいます。

【図11 つるし桂で詰み】

【図11 つるし桂で詰み】

歩美
相手玉に駒が触ってないのに詰んじゃってますね。なんだか不思議な感じです。
香介
桂馬は相手玉から離れたところから王手できるから、直接相手玉に取られることがないのが特長だね。つるし桂はこの桂馬の特長を活かした詰み筋なんだ。

控えの桂

下の図のような局面を考えてみましょう。美濃囲いを寄せようとしているところです。ここでなにか良い手はないでしょうか?

【図12 美濃囲いを寄せるところ】

ここは▲7六桂と打つのが好手で、次に▲7四桂と跳ねるのを狙っています。このように次に跳ねる手を狙って桂馬を打つ手を「控えの桂」といいます。

【図13 控えの桂】

【図13 控えの桂】

歩美
へえ~。なんだかゆっくりした攻めに見えますね~。狙いが見え見えだから簡単に受けられちゃいそうです。
香介
しかしこの桂が意外と受けにくい。ちなみにこの後は▲7四桂、△9二玉、▲6一飛成といった感じにすすんでいくよ。
控えの桂

【図14 控えの桂からの攻め】

継ぎ桂

最後は「継ぎ桂」の手筋を紹介します。下の局面はさっきと似ていますが、今度はどのように指すのがよいでしょう?

香介
6六の地点にすでに桂馬が控えているのがポイントだ!

【図15 今度はどう寄せる?】

この局面では、いきなり▲7四桂と打つ手が成立します。このように桂馬の効いている地点にさらに桂馬を足す手筋を「継ぎ桂」といいます。

【図16 継ぎ桂で美濃囲いが崩壊】

歩美
単純な足し算だけど、強力な攻めなんですね!

まとめ

香介
今回は桂馬の使い方と5つの手筋を確認したね。
歩美
桂馬の使い方が何となくわかった気がします!桂馬ってうまく使えば強い駒なんですね!

将棋の上達には、手筋を多く覚えて実戦で使いこなすことは重要です。さらに多くの手筋を学びたいと思った方は、渡辺明先生監修の「将棋・ひと目の手筋」を一読されることをおすすめします。今回紹介した手筋はもちろん、他にも実戦で使える手筋が208も解説されています。

将棋の手筋一覧へ戻る


Sponsored link

-手筋
-,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です