対振り飛車、対抗型

vs早石田 △4五角からの乱戦

投稿日:

歩美
3手目に▲7五歩って指す戦法ありますよね…あれをやられると一気にやる気がなくなって投了したくなります…
香介
それは早石田って戦法だね!正しい変化を知らないと一気に不利になっちゃうから、苦手意識のある人も多いよね!

今回の記事では、早石田との戦い方を解説していきます。居飛車で戦う手順を見ていくので、振り飛車の党の方は以下の記事を参考にしてみてください。

youtubeもやってます
おすすめ記事
Sponsored link

3手目▲7五歩の早石田

早石田の基本形

テーマ図

【図1-1 3手目▲7五歩の早石田】

【図1-1 3手目▲7五歩の早石田】

初手から、▲7六歩、△3四歩、▲7五歩と進むのが早石田の出だしです。ここから三間飛車に振っていくのが狙いですが、今回はこの戦法を対策していく手順を解説していきます。

※後手の立場で解説するため、盤面を反転しています。

歩美
あっ!これを早石田っていうんですね!これをやられるとやる気がなくなります…

△4二玉と上がるのが定跡

図1-1からの指し手
△4二玉(図1-2)

【図1-2 △4二玉と上がるのが定跡】

【図1-2 △4二玉と上がるのが定跡】

早石田に対しては、△4二玉と上がっておくのが定跡です。この手の意味は、数手進めるとわかります。

角交換から△4五角と打つ!

図1-2からの指し手
▲7八飛、△8八角成、▲同銀、△4五角(図1-3)

【図1-3 いきなり角交換して△4五角!】

【図1-3 いきなり角交換して△4五角!】

相手が三間飛車に振ってきたら、角交換して△4五角と打ち込みます。この手は次に△6七角成と△2七角成の2つの手を狙っています。

香介
居飛車側は一見有利だけど、まだまだ互角の局面だよ!さらに手を進めて変化を見てみよう!

補足
△4二玉と上がる意味は?

【図a-1 ▲7六角が切り返し】

【図a-1 ▲7六角が切り返し】

あらかじめ△4二玉と上がらずに△4五角と打ち込むと、▲7六角が切り返しになります。△6七角成を受けつつ、次に▲4三角成を狙っています。もし図a-1から△4二玉などとして▲4三角成を受けると、▲3八銀で△2七角成も受けられてしまいます。

 

△4五角と打った後の変化は?

△2七角成と馬をつくる

図1-3からの指し手
▲6八金、△2七角成(図2-1)

【図2-1 △2七角成で馬を作る】

【図2-1 △2七角成で馬を作る】

もし△6七角成と右側に馬を作ることができれば、△7八馬と飛車を取る手や、△8九馬と桂馬を取る手が残り居飛車側が指しやすい展開です。相手は▲6八金と受けてきたので△2七角成と馬を作ります。

香介
ここからじっくり駒組みが進めば、馬を作っている分居飛車が有利になるよ!相手は一気に仕掛けて乱戦に持ち込んでくるしかないね!

▲5五角から反撃してくるが…

図2-1からの指し手
▲7四歩、△同歩、▲5五角(図2-2)

【図2-2 飛車取りと香取りがあるが…】

【図2-2 飛車取りと香取りがあるが…】

相手はゆっくり指しているとどんどん不利になってしまうため、一気に仕掛けてきます。7筋を突き捨ててから▲5五角と打ち込むのが早石田の基本の攻め筋ですが、これにはどう対応しましょうか?

歩美
何となく、飛車を取られたくないですけど…

飛車角交換は大歓迎!

図2-2からの指し手
△3三桂(図2-3)

【図2-3 飛車を取られるのは問題なし】

【図2-3 飛車を取られるのは問題なし】

△3三桂として香取りを受けましょう。飛車角交換になるのは問題ありません。

香介
ここで△3三桂で香取りが受かるのも、あらかじめ△4二玉と上がっていた効果だよ!

図2-3からの指し手
▲8二角成、△同銀、▲7四飛、△7三銀(図2-4)

【図2-4 飛車の打ち込む場所がない】

【図2-4 飛車の打ち込む場所がない】

図2-3から相手が飛車角交換をしてきても問題ありません。▲7四飛に△7三銀と飛車を弾けば相手は攻め手がなくなります。飛車は取られましたが、こちらの陣地に飛車を打ち込む隙が無いのがポイントです。

▲7四飛と攻めてくるのが本筋

図2-3 からの指し手
▲7四飛(図2-5)

【図2-5 ▲7四飛が本筋の攻め】

【図2-5 ▲7四飛が本筋の攻め】

図2-3 からは、▲7四飛としてくるのが本筋の攻めです。相手は次に▲8二角成、△同銀、▲7二飛と打ち込んで攻めてくる手があるため、ここでは受ける手が必要です。

香介
▲7二飛と打たれた後は、△同金、▲同飛成で王手銀取りになっちゃうよ!

力戦模様になるがまだまだ互角

図2-5からの指し手
△9二飛(図2-6)

【図2-6 △9二飛がよく指されている】

【図2-6 △9二飛がよく指されている】

▲7四飛に対しては、△9二飛と受けておく手がよく指されています。△7三歩と打つ手も有力ですが、ここでは歩を節約して受けています。

図2-6からの指し手
▲3四飛、△3二金(図2-7)

【図2-7 次の▲3三角成を受ける】

【図2-7 次の▲3三角成を受ける】

相手は▲3四飛と横歩を取ってきましたが、これは次に▲3三角成と桂馬を取る手があります。ここでは△3二金とガッチリ受けておきましょう。

歩美
相手から攻めが続きますね…!何とか受けきれるでしょうか?

図2-7からの指し手
▲3六歩(図2-8)

【図2-8 相手は△4五馬を受けてきた】

【図2-8 相手は△4五馬を受けてきた】

今度は、こちらが次に△4五馬で飛車角両取りにする手があるため、相手は▲3六歩と受けてきました。図2-8の局面では、力戦模様で難しい展開ですが、まだまだ互角の戦いになります。

香介
ここまでくると、相手から早い仕掛けがなくなってくるから自玉を整備していこう!
Sponsored link

相手が角道を閉じてきたら?石田流本組みの変化に

石田流本組みを狙う指し方

図1-2からの指し手
▲6六歩(図3-1)

【図3-1 石田流本組みの指し方】

【図3-1 石田流本組みの指し方】

図1-2に戻り、別の指し手を紹介します。ここでは、▲6六歩として角交換を防いでくる手も良く指されています。ここからは相手は石田流本組みを狙っていくのが本筋になります。

香介
石田流本組みとの戦い方は、以下の記事を参考にしてみてね!

まとめ

香介
今回は、早石田との戦い方を解説したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 3手目に▲7五歩と突く手には、△4二玉と指すのが定跡
  • 角交換して△4五角と打つ
  • ▲5五角の反撃から、飛車角交換は大歓迎
歩美
早石田との戦い方がわかりました!これでもう簡単にはやられませんね!

-対振り飛車、対抗型
-, ,

執筆者:

youtubeもやってます

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




【図2-3 飛車を取られるのは問題なし】

【図2-3 飛車を取られるのは問題なし】