将棋のルール

反則、禁じ手について

投稿日: 08/26/2018 更新日:

将棋にはいくつかの反則があります。反則をしたらその時点で対局が終了し、反則したプレイヤーの負けとなります。ただし、反則をしていることにお互い気が付かず、対局が終了した場合はそちらの結果を優先します。

以下で将棋の反則の一覧を説明していきます。

将棋のルール一覧へ戻る

Sponsored link

ルールに即していない手

待った

駒を動かしたり持ち駒を打ったりして手番が終わった後で打ち直す行為を「待った」といいます。待ったはルール違反で反則負けとなります。

ただし友人と将棋で遊ぶときに、ローカルルール的に待ったをありとする場合もあります。待ったの扱いについては対局者とあらかじめ話しておくのがよいでしょう。

 

2手指し

自分の手番に2回駒を動かしたり持ち駒を打つのも、もちろん反則となります。

 

成れない駒を成る

成駒のルールに即さず、成ってはいけない駒をなるのは反則となります。また持ち駒をいきなり成駒の状態で打つのもルール違反です。

 

駒を動けない場所に動かす

駒が動けない場所に動かすのは反則となります。特にナナメに動く角行は、動けるマスを間違えやすいので注意が必要です。

 

Sponsored link

特殊なルール違反、禁じ手

将棋の基本的なルールには即しているが、ルール上は認められていない手を「禁じ手」といいます。これらは特殊なルールなのでしっかり覚えておきましょう。

 

二歩

下の図のように、2枚以上の歩兵が縦に並ぶことを「二歩(にふ)」といい、反則となります。持ち駒の歩兵を打つときは、二歩とならないように注意しましょう。

二歩

【二歩の例 歩兵が縦に並ぶのは反則】

 

なお歩兵の成駒である「と金」は、縦に並んでも反則とはなりません。

二歩

【と金は縦に並んでも反則ではない】

 

打ち歩詰め

以下の図のような場合を考えてみます。持ち駒の歩兵を打って王手をした場面です。

打ち歩詰め

【持ち駒の歩兵を打って詰ませるのは反則】

 

このとき、相手の王将は逃げ道がなく詰んでしまっています。このように持ち駒の歩兵を打って詰ませることを「打ち歩詰め」といい、反則となります。

なお下の図のように、盤上にある歩兵を進めて詰ませることは「突き歩詰め」といい反則ではないので注意が必要です。

突き歩詰め

【これは突き歩詰めといって反則ではない】

 

行き場のない駒

歩兵、桂馬、香車の3枚の駒は前に進むことはできますが、後ろに下がることはできません。そのため下の図のように奥まで進んでしまった歩兵、桂馬、香車はこれ以上動かすことができません。

行き場のない駒

【行き場がなく動けない駒は反則】

 

このように動かすことができない駒を打ってしまうのは反則となります。ただし、歩兵、桂馬、香車は成駒となれば後ろに下がれるため、奥に進んだ時に成ってしまえば反則にはなりません。

 

連続王手の千日手

千日手についての記事で説明した通り、連続王手の千日手は王手をかけている側が反則となります。例えば下の図のように飛車で王手を繰り返すことは反則となります(同じ局面が4回繰り返されると千日手となるため、下図の変化を4回繰り返せば反則となります)。

連続王手の千日手

【連続王手の千日手は反則】

 

王手放置、自滅

王手についての記事でも説明した通り、王手されていることに気が付かず、王将(玉将)が取られることを防がなかった場合反則となります。また、自分から王将(玉将)を取られてしまう場所に動かして自滅するのも反則です。

 

本当に反則をしたら負けなのか

将棋の正式なルールでは、反則手が指された場合はゲームが終了し、反則をした方の負けとなります。しかし、友人などと将棋で遊んでいる際に反則が指されたら、反則する前の局面に戻り指し直すことが多いと思います。

うっかりミスの反則手で優勢なゲームを負けにしてしまうのは、お互いに後味が悪いこともあるため、反則の扱いについて対局前に確認しておくことがトラブル防止のためによいでしょう。

将棋のルール一覧へ戻る


Sponsored link

-将棋のルール

執筆者:





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です