横歩取り

横歩取り勇気流

投稿日: 02/02/2020 更新日:

歩美
横歩取りって、どうやって攻めていったらいいかわからなくなっちゃうことが多いです…
香介
今回は、横歩取り勇気流という指し方を解説していこう!攻めの狙いがわかりやすい作戦だよ!

今回の記事では、横歩取り勇気流の指し方を解説していきます。

横歩取りの定跡一覧に戻る

youtubeもやってます
おすすめ記事
Sponsored link

参考棋書:横歩取りの最重要テーマ

香介
今回の記事はマイナビ出版の「横歩取りの最重要テーマ」を参考にしたよ!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

歩美
それでは横歩取り勇気流の指し方を教えてください!

 

YouTubeの動画で学ぶ、横歩取り定跡

ゼロから始める将棋研究所のYouTubeチャンネルでは、動画で横歩取りの定跡を学べます。動画の内容は、ブログ記事とほとんど同じものとなっています。

香介
動画で気軽に勉強してもいいし、ブログ記事で読みたいところだけかいつまんでみるのもいいね!

歩美
まずは動画で学習して、ブログ記事で復習するのもおすすめです!

 

横歩取り勇気流の基本形

横歩取りの基本形

テーマ図

【図1-1 横歩取りの基本形】

【図1-1 横歩取りの基本形】

図1-1は横歩取りの基本形です。今回はこの形から、横歩取り勇気流を目指していく変化を解説していきます。

歩美
横歩取りの基本形までの指し方は以下の記事を参考にしてみてください!

△7七角型空中戦法に

図1-1からの指し手
△3三角(図1-2)

【図1-2 △3三角型空中戦法の形に】

【図1-2 △3三角型空中戦法の形に】

横歩取りの基本形から、後手が△3三角と指してきました。この形は△3三角型空中戦法と呼ばれていて、ここでは▲3六飛と引いて7六の地点の歩を守る手が一般的です。しかし勇気流では別の手を指していきます。

香介
この局面からの変化は以下の記事も参考にしてみてね!

▲6八玉とするのが勇気流

図1-2からの指し手
▲6八玉(図1-3)

【図1-3 ▲6八玉とするのが勇気流】

【図1-3 ▲6八玉とするのが勇気流】

△3三角型空中戦法の形から、▲6八玉と指すのが勇気流の形です。なお、ここで▲5八玉と指す手も有力で、これは青野流と呼ばれています。

歩美
青野流の指し方については以下の記事で解説しています!

図1-3からの指し手
△7六飛(図1-4)

【図1-4 横歩を取られる】

【図1-4 横歩を取られる】

▲3六飛と飛車を引く手を指していないため、ここで相手から横歩を取られてしまいました。通常の△3三角型空中戦法と比べ1歩損してしまいますが、その分素早く攻める手を目指していきましょう。

補足
青野流との違い

【図a-1 ▲5二玉と上がる青野流】

【図a-1 ▲5二玉と上がる青野流】

▲6八玉とするところで、代わりに▲5八玉と真っすぐ上がる指し方は「青野流」と呼ばれています。青野流では、図a-1のように△7六飛と横歩を取られたタイミングで、次に△8八角成、▲同銀、△7八飛成の狙いがあるため、先手が受けの手を指さなければなりません。一方で勇気流では7八の金に玉でヒモが付いているため受ける必要がなく、攻めに1手多く使うことができます。

 

Sponsored link

勇気流の基本の攻め筋

▲3六歩~▲3七桂を狙う

図1-4からの指し手
▲3六歩、△5二玉、▲3七桂(図2-1)

【図2-1 桂馬を跳ねて素早い攻めを狙う】

【図2-1 桂馬を跳ねて素早い攻めを狙う】

▲3六歩~▲3七桂と素早く桂馬を活用していくのが勇気流の指し方です。ここからの攻めの狙いを見ていきましょう。

桂跳ねから一気に攻め潰そう

図2-1からの指し手
△7二金、▲2二歩(図2-2)

【図2-2 ▲2二歩の叩きから攻める】

【図2-2 ▲2二歩の叩きから攻める】

▲2二歩の叩きから、一気に仕掛けていきます。ここからさらに手を進めて、勇気流の攻めを見ていきます。

図2-2からの指し手
△2二銀、▲4五桂(図2-3)

【図2-3 角が逃げると▲3二飛成】

【図2-3 角が逃げると▲3二飛成】

▲4五桂と桂馬を跳ねていけば勇気流の攻めが決まります。相手が角をどう逃がしても次に▲3二飛成があり、勇気流が勝勢です。このように素早く桂馬を繰り出して攻めていくのが勇気流の狙いでした。

香介
基本的な攻め方は、青野流と同じだよ!以下の記事も参考にしてみてね!

 

勇気流の序盤で気を付けるべき変化、青野流との違い

いきなり角交換されて△2七角には…?

図1-3 からの指し手
△8八角成、▲同銀、△2七角(図3-1)

【図3-1 いきなり角交換】

【図3-1 いきなり角交換】

勇気流の基本形、 図1-3 まで戻って別の変化を見ていきます。ここで相手がいきなり角交換して△2七角と打ってくる変化があります。▲5八玉と上がる青野流では4九の金にヒモが付きますが、勇気流ではこの角打ちが金取りになってしまいます。

図3-1からの指し手
▲3八銀、△4五角成、▲2四飛 (図3-2)

【図3-2 ▲7七角、▲7五角などの狙いが】

【図3-2 ▲7七角、▲7五角などの狙いが】

いきなり相手に馬を作られてしまいます。しかし、図3-2では次に飛車成の狙いがあるだけでなく、▲7七角や▲7五角といった狙いがあるため先手も戦いやすい局面です。

香介
相手は馬は作ったけど意外と攻め手がないよ!

王手飛車に気をつけよう!

図1-4からの指し手
▲8四飛、△8二歩(図3-3)

【図3-3 注意すべき筋が…】

【図3-3 注意すべき筋が…】

図1-4まで戻って、別の指し手を考えてみます。ここで▲8四飛と回ってみました。相手は△8二歩と受けるしかなく、持ち歩を使ってしまう展開になるためこちらが少し得しています。しかし、この▲8四飛と回る手は相手からの切り返しがあるため注意が必要です。

図3-3からの指し手
▲3八金、△2六飛、▲2八歩、△8八角成、▲同銀、△9五角(図3-4)

【図3-4 王手飛車に注意】

【図3-4 王手飛車に注意】

勇気流は、青野流と違い常に玉のコビンが開いているため、△9五角と打たれて王手飛車を狙われる筋が常にあります。▲8四飛と回るときはこの筋に警戒しておきましょう。

横歩取りの定跡一覧に戻る

 

まとめ

香介
今回は、横歩取り勇気流の指し方を解説したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 横歩取り△3三角型空中戦法から、▲6八玉と指すのが勇気流
  • ▲3六歩~▲3七桂から素早く桂馬で攻めるのが狙い
  • △9五角の王手飛車に注意
歩美
勇気流の指し方と狙いがよくわかりました!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

横歩取りの定跡一覧に戻る


-横歩取り
-

執筆者:

youtubeもやってます

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




【図1-3 ▲6八玉とするのが勇気流】

【図1-3 ▲6八玉とするのが勇気流】