詰将棋、必至、寄せ

詰将棋で覚える寄せの手筋②

投稿日: 08/13/2019 更新日:

歩美
詰将棋って、本で読めば解けても実戦では全然見えません…。詰み方や寄せ方はどうやって覚えていけばいいんでしょう?
香介
詰将棋を解くときは、パターンに当てはめながら考えていくのがコツだよ!漠然と解くのではなく、寄せ方や攻め方を考えながら解いていくと効果的なんだ!

今回の記事では、将棋の終盤で使える攻めの手筋を5パターン紹介します。簡単な詰将棋を通して寄せを学んでいきましょう。

Sponsored link

焦点の捨て駒

テーマ図

【図1-1 焦点の捨て駒】

【図1-1 焦点の捨て駒】

 

まずは図1-1の詰将棋にチャレンジしてみましょう。相手の飛車と角の守りを無効化できるような捨て駒はないでしょうか?

歩美
相手の飛車と角が守りによく利いています!

図1-1からの指し手
▲3三香(図1-2)

【図1-2 焦点への香打ち】

【図1-2 焦点への香打ち】

相手の飛車と角がよく守りに利いています。ここで図1-2のように▲3三香と捨てるのがミソです。3三のように相手の複数の駒が効いている地点を焦点と呼び、こういった焦点へ捨て駒すると好手になりやすいです。

図1-2からの指し手
△3三角、▲2二金(図1-3)

【図1-3 △同角と取れば頭金】

【図1-3 △同角と取れば頭金】

▲3三香に△同角と取れば、相手の飛車の利きが止まるので▲3二金の頭金で詰んでしまいます。

図1-2からの指し手
△3三飛、▲4二金(図1-4)

【図1-4 △同飛と取っても詰み】

【図1-4 △同飛と取っても詰み】

図1-2から△同飛と飛車で香車をとっても、今度は角の利きが止まるため、▲4二金で詰みです。

香介
相手は香車をどの駒で取っても詰んでしまうんだ!

 

大駒は離して打て

テーマ図

【図2-1 大駒は離して打て】

【図2-1 大駒は離して打て】

今度は大駒の手筋です。飛車を使って王手したいところですが、どこに打つのが正解でしょうか?

歩美
う~ん。どこに打っても同じような気がしますが…。

図2-1からの指し手
▲2二飛、△1一玉(図2-2)

【図2-2 △1一玉とされると手がない】

【図2-2 △1一玉とされると手がない】

初手に▲2二飛と近づけて打ってしまうと、図2-2のように△1一玉と逃げられてしまい手がなくなります。

図2-1からの指し手
▲3二飛、△1一玉、▲2二飛成(図2-3)

【図2-3 龍を作って詰み】

【図2-3 龍を作って詰み】

そこで▲3二飛と離して打つのが正解で、△1一玉と逃げられても▲2二飛成と龍を作れば詰みとなります。このように大駒で王手をするときは、一旦離して打ってから龍や馬をつくることで詰みになるケースが多いです。

香介
わざと飛車や角を離して打って、成るスペースを作っておくんだ!

補足
飛車を離しすぎると…

【図a-1 中合いで逃れる】

【図a-1 中合いで逃れる】

▲3二よりも離れた場所に飛車を打つと、図a-1のように4二の地点に合い駒されてしまい詰みません。このように離れた位置に合い駒することを中合い(ちゅうあい)と呼びます。大駒で王手するときは打ち場所に細心の注意が必要です。

 

退路封鎖

テーマ図

【図3-1 退路封鎖】

【図3-1 退路封鎖】

図3-1の局面では、相手玉が2三から逃げてしまいそうです。逃げ道をふさぐシンプルな方法を考えてみましょう。

香介
実戦でもよく出てくる手筋だよ!難しく考えず、自然な手を指そう!

図3-1からの指し手
▲1一金、△2三玉(図3-2)

【図3-2 2三から脱出される】

【図3-2 2三から脱出される】

いきなり▲1一金と王手してしまうと図3-2のように△2三玉と逃げられます。

図3-1からの指し手
▲3四角、△2三金(図3-3)

【図3-3 合駒で退路を封鎖する】

【図3-3 合駒で退路を封鎖する】

そこでまず▲3四角と王手して、合い駒させることで退路封鎖するのがポイントです。このように角や飛車、香車といった駒で王手をして、合い駒で退路を塞ぐ手筋は実戦でもよく見られます。

図3-3からの指し手
▲1一金(図3-4)

【図3-4 ▲1一金で詰み】

【図3-4 ▲1一金で詰み】

 

逃げ道のなくなった玉に▲1一金と王手すれば詰みとなります。

歩美
この手順は実戦でも役に立ちそうです!

 

Sponsored link

邪魔駒消去法

テーマ図

【図4-1 邪魔駒消去法】

【図4-1 邪魔駒消去法】

邪魔駒消去法での邪魔駒とは、相手の駒ではなく自分の駒のことを言います。自分の駒の中で邪魔な駒は何かないでしょうか?

【図4-2 飛車がいなければ即詰み】

【図4-2 飛車がいなければ即詰み】

テーマ図では、自分の飛車が邪魔駒となっていて、もしこの飛車がいなければ金打ちで詰んでしまいます。

歩美
飛車は強力な攻め駒ですが、この局面では邪魔になっていたんですね!

図4-1からの指し手
▲1二飛成(図4-3)

【図4-2 邪魔な飛車を消す】

【図4-3 邪魔な飛車を消す】

邪魔駒の存在に気づけたら半分正解したようなもので、あとはその駒をどのように消すかです。▲1二飛成と王手して飛車を消しに行きましょう。

図4-3からの指し手
△1二銀、▲2二金(図4-4)

【図4-4 飛車を消して金打ち】

【図4-4 飛車を消して金打ち】

▲1二飛成と王手すれば、△同銀と応じても△同玉と応じても▲2二金で詰みとなります。

 

玉は下段に落とせ

テーマ図

【図5-1 玉は下段に落とせ】

【図5-1 玉は下段に落とせ】

相手玉が上に逃げてしまいそうな局面ですが、どうにか詰ます手順がないか考えてみましょう。

香介
上に逃がすと詰ましづらくなるよ!

図5-1からの指し手
▲2二金、△2三玉(図5-2)

【図5-2 上に逃がすと失敗】

【図5-2 上に逃がすと失敗】

いきなり▲3二金と打ちたくなってしまいますが、それでは図5-2のように相手玉が上に逃げてしまいます。基本的に、相手玉が上の方に逃げてしまうと詰ませるのが一気に難しくなるのが原則です。逆に言えば、相手玉を下の方に落としていけば詰めやすくなるのです。これは実際の対局でも非常に重要な考え方なので覚えておきましょう。

図5-1からの指し手
▲2一飛成(図5-3)

図5-3 龍を捨てて下段に落とす】

図5-3 龍を捨てて下段に落とす】

初手は玉を下段に落とす▲2一飛成が正解です。飛車を捨ててでも、相手玉を上に逃がさないようにするのが終盤の考え方です。

図5-3からの指し手
△2一玉、▲3二金(図5-4)

【図5-4 下段に落として詰み】

【図5-4 下段に落として詰み】

同玉と取って下段に落ちたところで▲3二金と打てば詰んでしまいました。

歩美
実戦でこんな捨て駒ができたらカッコいいですね!

 

まとめ

香介
今回は寄せの手筋を学んだよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  1. 焦点の捨て駒
  2. 大駒は離して打て
  3. 退路封鎖
  4. 邪魔駒消去法
  5. 玉は下段に落とせ
歩美
実戦で使えそうな手筋ばかりでしたね!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験


Sponsored link

-詰将棋、必至、寄せ
-, ,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です