中飛車

ゴキゲン中飛車で居飛車穴熊対策!一直線穴熊の変化は?

投稿日:

歩美
ゴキゲン中飛車で戦おうとすると、居飛車穴熊に組まれちゃいます!どうやって穴熊対策すればいいでしょうか?
香介
ゴキゲン中飛車は基本的に居飛車穴熊に対して有利に戦えると言われているよ!今回はゴキゲン中飛車で穴熊を攻めていく手順を解説しよう!

今回の記事では、ゴキゲン中飛車で居飛車穴熊を対策する方法を解説していきます。

Sponsored link

参考棋書:ひと目の中飛車

香介
今回の記事は、マイナビ出版の「ひと目の中飛車」を参考にしたよ!
歩美
それでは、居飛車穴熊対策を教えてください!

 

ゴキゲン中飛車vs居飛車穴熊

ゴキゲン中飛車の基本形

テーマ図

【図1-1 ゴキゲン中飛車の基本形】

今回は図1-1のゴキゲン中飛車の基本形からの指し手を見ていきます。後手がゴキゲン中飛車、先手が居飛車の駒組みです。ここから先手は居飛車穴熊を目指していきます。

※後手の立場で解説していくため盤面を反転しています。

歩美
ゴキゲン中飛車の基本形までの指し手は以下の記事を参考にしてください!

相手が持久戦に構えたら?

図1-1からの指し手
▲7八玉、△6二玉、▲5八金右、△7二玉、▲7七角、△4二銀、▲8八玉、△8二玉、▲6六歩(図1-2)

【図1-2 対振り持久戦の構え】

図1-1からは自然な駒組みをしていきます。▲6六歩と角道を閉じてきたのがポイントで、相手がじっくりと囲って持久戦を目指すサインです。相手が堅く囲う前に、こちらから揺さぶりをかけるような手順はないでしょうか?

図1-2からの指し手
△5三銀、▲9八香、△6四銀(図1-3)

【図1-3 銀を繰り出して角頭を狙う】

相手は角道をふさいだため、角の逃げ場が狭くなっています。この隙を突いて、素早く銀を繰り出して角頭を狙っていきます。ここから△7四歩~△7五歩と7筋の歩を進め、▲同歩、△同銀と銀を進めていく手を狙っています。

香介
7六の歩は、居飛車穴熊の弱点だから積極的に狙っていこう!

図1-3からの指し手
▲9九玉、△7四歩、▲6七金(図1-4)

【図1-4 相手が角頭の歩を守ってきた】

相手は狙われてい角頭の歩を守るため、▲6七金と上がってきました。さらに攻め駒を足していく手を考えてみましょう。

袖飛車に構えて攻めよう

図1-4からの指し手
△7二飛(図1-5)

【図1-5 袖飛車に構える】

こちらは袖飛車に構えて7筋の攻め駒を足していきます。ゴキゲン中飛車は序盤早々に5筋の位を取れるため、このように盤面の中央をうまく制圧して攻める順に進めやすくなります。

 

Sponsored link

相穴熊で戦う

7筋の歩を交換する

図1-5からの指し手
△8八銀、▲7五歩、△同歩、▲同銀(図2-1)

【図2-1 7筋の歩を交換する】

図1-5から早速7筋の歩を交換しに行きます。ここから△7六銀と進めたり、△7六歩と歩を打ち込んでいくような攻めがあり、相手はうまい受けがありません。

歩美
ここからガンガン攻めていきたいですね!

しっかり囲ってから攻める

図2-1からの指し手
▲7九金、△9二香、▲3六歩、△9一玉、▲3七銀、△8二銀、▲9六歩、△5一金左、▲9五歩、△7一金、▲4六銀、△6一金左、▲3七桂(図2-2)

【図2-2 こちらも穴熊に囲う】

△7六の地点はいつでも攻めていけるため、攻めの前にまずはこちらも囲いを固めましょう。7二に飛車がいると美濃囲いに組めないため、穴熊に組んで相穴熊にするのが定跡です。ガッチリ囲いを組んだところで仕掛けていきましょう。

香介
実戦では、ここまで堅く囲う前に相手から仕掛けてくることも多いはずだよ!相手の手を見ながらベストなタイミングでこちらも攻めていこう!ここの駆け引きが将棋の醍醐味だね!

角のラインを活かした攻め

図2-2からの指し手
△7六歩、▲5九角、△5六歩(図2-3)

【図2-3 △7六歩から攻めていく】

いよいよゴキゲン中飛車が仕掛けていきます。まずは△7六歩として相手の角を退かしてから、△5六歩としてこちらの角のラインを通していきます。

図2-3からの指し手
▲5六歩、△6六銀(図2-4)

【図2-4 ゴキゲン中飛車の攻めが続く】

図2-4では飛車、角、銀、歩の4枚で7七の地点を攻めています。ここからはゴキゲン中飛車が一方的に攻めていける展開になるでしょう。

 

一直線穴熊の変化

図1-5 からの指し手
▲7八金(図3-1)

【図3-1 ▲8八銀を保留した駒組み】

図1-5 まで戻り、別の変化を見ていきます。相手は▲8八銀として穴熊の蓋を閉じる手を保留してきました。この変化は一直線穴熊と呼ばれる定跡の手順で、これで互角の展開になっていきます。

図3-1からの指し手
△7五歩、▲同歩、△同銀、▲5九銀、△9二香、▲6八銀(図3-2)

【図3-2 ▲8八角と逃げる余地を作る】

先手は▲8八銀を保留したまま駒組みを進めることで、△7六歩の仕掛けに対して▲8八角と逃げる手順を残しています。こうなると角のラインを通して△6六銀とする攻めも、8八の角が利いているためうまくいきません。図3-2からはお互いに囲いを堅くしていく展開になり、互角と言えます。

香介
一直線穴熊の変化については、以下の本でもさらに詳しく解説してるよ!

まとめ

香介
今回はゴキゲン中飛車で居飛車穴熊と戦う手順を解説したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • 相手が角道を閉じたら、銀を繰り出して角頭を狙う
  • 袖飛車に構えて7筋を攻める
  • 相穴熊にして囲いを固める
歩美
居飛車穴熊との戦い方がよくわかりました!

Sponsored link

-中飛車
-, , ,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【図1-5 袖飛車に構える】