中飛車

ゴキゲン中飛車の基本、最初の駒組み

投稿日: 08/15/2019 更新日:

歩美
ゴキゲン中飛車って戦法よく聞きますね!私も指してみたいんですが、初心者でも指しこなせるんでしょうか?
香介
ゴキゲン中飛車はコツをつかめば初心者でもしっかりさせるようになるよ!今回はゴキゲン中飛車の基本の駒組みを解説しよう!

今回の記事では、ゴキゲン中飛車の基本の駒組みについて解説します。

Sponsored link

参考棋書:ひと目の中飛車

香介
今回の記事はマイナビ将棋文庫の「ひと目の中飛車」を参考にしたよ!初めて将棋の戦法を学ぶ初心者にもわかりやすい中飛車の定跡書なんだ!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験

歩美
それではゴキゲン中飛車の指し方を教えてください!

ゴキゲン中飛車、基本のやり方を最初の1手から

ゴキゲン中飛車は後手番の戦法

テーマ図

【図1-1 ゴキゲン中飛車の出だし】

【図1-1 ゴキゲン中飛車の出だし】

テーマ図は、ゴキゲン中飛車の出だしです。序盤早々に5筋の歩を突いて中飛車を目指していきます。なお、ゴキゲン中飛車は基本的に後手番で使う戦法のため、今回は後手の立場で解説していきます。

※後手の立場で解説するため盤面を反転しています。

図1-1からの指し手
▲2五歩、△5二飛(図1-2)

【図1-2 飛車を5筋に振って中飛車に】

【図1-2 飛車を5筋に振って中飛車に】

こちらは飛車を5筋に振って中飛車の構えを取っていきます。よくある振り飛車の出だしでは、△4四歩などとして角道を止めるのが基本ですが、角道を止めずに飛車を振っていくのがゴキゲン中飛車です。

5五の歩で角道を止めるのがポイント

図1-2からの指し手
▲4二銀、△5五歩(図1-3)

【図1-3 5筋の歩で角道を止める】

【図1-3 5筋の歩で角道を止める】

ゴキゲン中飛車では、5五の歩で角道を止めるのが形です。一見不安定な形にも見えますが、△5六歩から飛車角を一気に捌いていけるのはポイントです。

歩美
なるほど!こうやって角交換を防ぐんですね!

図1-3からの指し手
▲6二玉、△3三角(図1-4)

【図1-4 ゴキゲン中飛車の基本形】

【図1-4 ゴキゲン中飛車の基本形】

角を3三の地点に上がり、相手の飛車の攻めを防いでおきます。これでゴキゲンの中飛車の基本形となります。ここからは美濃囲いに組み、銀を前に繰り出して攻めていくのがセオリーです。

香介
3三角で飛車からの攻めを守るのは他の振り飛車と同じだね!

 

Sponsored link

基本形までの変化や、乱戦になる手順を解説

香介
ここからは基本形に至るまでの細かい変化を見ていくよ!この変化をちゃんと知っておかないと、序盤早々不利になってしまうからしっかり覚えておこう!

いきなり角交換された場合は?

図1-1 からの指し手
▲2二角成、△同飛、▲5三角(図2-1)

【図2-1 一見後手不利だが…】

【図2-1 一見後手不利だが…】

図1-1 から先手はいきなり角交換する手があります。先手はいきなり馬を作れそうな局面ですが、後手にはここで切り返しがあります。

図2-1からの指し手
△4二角(図2-2)

【図2-2 切り返しの角打ち】

【図2-2 切り返しの角打ち】

図2-1から△4二角と打つのが切り返しの一手です。先手はここから馬を作ってもすぐに角交換するしかなく、これでこちらが手得になります。

歩美
なるほど!相手は角をうまく逃がす場所がありませんね!

補足
なぜゴキゲン中飛車は後手番の戦法なの?

【図a-1 一見すると同じ局面だが…】

【図a-1 一見すると同じ局面だが…】

図2-2の切り返しの手筋は、後手番でしか成り立ちません。例えば、図a-1のように中飛車側が先手だった場合、同じように自陣に角を打ち込んだとしても相手にうまい指し手があります。

【図a-2 馬を作るスペースがある】

【図a-2 馬を作るスペースがある】

相手は図a-1から△8四角成と馬を作ることができます。これは中飛車側が先手のため、相手が飛車先の歩を突く手を指していないために生じた変化です。先手番でゴキゲン中飛車を指したい場合は、最初に端歩を突くなどして1手調整する必要があります。

飛車先を突破された場合の対処法

図1-2 からの指し手
▲2四歩、△同歩、▲同飛(図2-3)

【図2-3 相手が飛車先の歩を切ってきた】

【図2-3 相手が飛車先の歩を切ってきた】

図1-2 から相手は飛車先の歩を切ってきました。ここでも中飛車側に切り合え詩の手があります。どんな手を指すのか考えてみましょう。

歩美
うーん…。このまま相手に龍を作られてしまいそうです。

図2-3からの指し手
△8八角成、▲同銀、△3三角(図2-4)

【図2-4 飛車銀両取りに】

【図2-4 飛車銀両取りに】

角交換して△3三角と打てば飛車角両取りになります。この手筋は頻出の順なので是非覚えておきましょう。

香介
ここで相手が構わず▲2一飛成として来たらこちらも△8八角成と攻め合おう!この後△2二飛などと飛車をぶつけて龍を消しに行けば十分だよ。

図2-4からの指し手
▲2八飛、△2六歩(図2-5)

【図2-5 垂らしの歩が手筋】

【図2-5 垂らしの歩が手筋】

図2-4から相手が飛車を引いたら△2六歩と歩を垂らしておくのが手筋です。▲同飛と歩を取ってきたらもちろん△8八角成で銀を取りに行きましょう。

図2-5からの指し手
▲7七銀、△2二飛(図2-6)

【図2-6 次の歩成が楽しみな局面】

【図2-6 次の歩成が楽しみな局面】

図2-5からは△2二飛と回って、次の歩成を楽しみにしておきましょう。相手は▲3八銀などと受けに回るでしょうが、ここからはじっくり駒組みをしていくだけでも優勢です。

歩美
これは気分のいい手順ですね!

補足
超急戦の手順

【図b-1 超急戦の手順】

【図b-1 超急戦の手順】

図b-1のように、こちらが 図1-3 で角道を止めた後に飛車先を切ってきた場合、先ほど解説したような角交換から△3三角と打つ手順は指すことができません。図b-1の手順は超急戦と呼ばれ、中飛車側がハッキリよくなる手順はなく、互角の戦いになります。

 

まとめ

香介
今回はゴキゲン中飛車の序盤の駒組みを解説したよ!ポイントをまとめよう!

POINT

  • ゴキゲン中飛車は基本的には後手番の戦法
  • 5五の歩で角道を止める
  • ▲5三角と打たれたら△4二角の切り返し
  • 飛車先を切って攻めてこられたら、角交換から△3三角
歩美
ゴキゲン中飛車の駒組みが良くわかりました!

Kindle Unlimitedに登録すれば今なら30日間無料で棋書が読み放題!気になる棋書をチェック!

Kidle Unlimitedで読める棋書はこちら

Kindle Unlimitedを無料体験


Sponsored link

-中飛車
-,

執筆者:

将棋動画が見放題!dTVチャンネルに無料登録!

広告をスキップ 



dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


dTVチャンネルの「将棋プラス」では、将棋タイトル戦の生放送や、初心者にもわかりやすい講座などが登録するだけで見放題です。

dTVチャンネル将棋プラス登録はこちら


 




  1. 通りすがり より:

    「図2-3からの指し手」で

    香介のセリフ
    「ここで相手が構わず▲2一飛成として来たらこちらも△9九角成と~」
    8八に銀がありますので、「△8八角成と~」では、ないでしょうか

    • konan より:

      ご指摘ありがとうございます!
      おっしゃる通り、「△8八角成」の間違いです。該当箇所修正いたしました

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【図1-1 ゴキゲン中飛車の出だし】

【図1-1 ゴキゲン中飛車の出だし】

【図1-2 飛車を5筋に振って中飛車に】

【図1-2 飛車を5筋に振って中飛車に】

【図1-3 5筋の歩で角道を止める】

【図1-3 5筋の歩で角道を止める】