将棋のルール

勝敗の決め方まとめ

投稿日: 09/08/2018 更新日:

将棋の対局で勝敗の決まり方をまとめました。

将棋のルール一覧へ戻る

Sponsored link

相手を詰ませることでの勝利

基本的には将棋は相手の王将(玉将)を詰ませるゲームです。相手を詰ませることでの勝利はもっとも一般的な勝ち方です。

 

相手の投了による勝利

降参することを将棋では投了と呼びます。プロの将棋ではどちらかが詰むまで指すことはほとんどなく、勝ち目がなくなった時点で投了することが多いです。プロの世界では、勝ち目がない勝負を続けるのは「棋譜を汚す」といい、潔く負けを認めることが美しいとされるようです。

 

Sponsored link

相手が反則を指すことでの勝利

将棋では反則を指したらその時点で負けとなってしまいます。しかしアマチュア同士の対局では、ついうっかり反則を指してしまうことも多々あると思います。そのため反則の場合は1手戻って指し直すなどした方が楽しく将棋を指せると思います。

 

入玉での勝利、または引き分け

王将(玉将)を逃がし切り、もう詰まないだろうという時のため、入玉という特殊なルールがあります。入玉による勝敗の決め方は複雑なため、下の記事で解説しています。

 

千日手での引き分け

お互いに同じ手を繰り替えし指すことを千日手といい、引き分けとなります。千日手については下の記事で詳しく解説しています。

将棋のルール一覧へ戻る


Sponsored link

-将棋のルール

執筆者:





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です